ニュース
» 2018年01月06日 17時10分 公開

元祖ブサカワ猫、ヨウカンさん天国へ 糸井重里さんら追悼

もうあの表情豊かなお顔が見られないのはとても悲しいです。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 年明け早々に、愛猫家たちを悲しませる訃報がありました。元祖ブサカワ猫として人気を博したヨウカンさんが死亡しました。16歳でした。


ヨウカンさん ブ顔が愛されたヨウカンさん

ヨウカンさん この表紙は文豪風でした

ヨウカンさん 中国で発売された写真集

 ヨウカンさんはオス猫。白地に茶色混じりの黒ブチという毛色で、がっしり体形。特徴あるその顔は、ハチワレの下に猫にしては小さい目。顔の肉付きがポテっとしていて、その顔肉に押されてか目は半開き状態。さらに、鼻下の小さな茶ブチが、なんだか鼻から何か垂れているようにも見え、どうにもユーモラスな顔立ちでした。

 決めポーズも特徴的。飼い主さんにおねだりする際は、後肢で直立し、左右の前肢を合わせて「お願い」のポーズ。さらにこのとき、後肢の4本指を目いっぱい広げているため、さながら鳥の足のようになります。猫業界でいうところのトリ足です。この決めポーズは、写真集の表紙や電車広告にもなったので、記憶にある方も多いかもしれません。


ヨウカンさん お願いポーズが話題になりました

ヨウカンさん 思わずわらってしまうブ顔

 飼い主のkachimo氏は、たくさんの猫たちと暮らす愛猫家。ヨウカンさんはじめ多くの猫たちとのにぎやかな暮らしをブログ「ぶつぶつ独り言2 うちの猫ら」につづっており、今回の訃報もブログで公表されました。

 ヨウカンさんは、数年前から腎機能などが低下。ちょうどこのころ、同じくkachimo邸で暮らし彼とラブラブ関係だったメス猫のミツマメちゃんが亡くなり、気落ちしてしまったのでしょうか。昨年に入って衰弱、トイレで用を足すのも苦労していたヨウカンさん。kachimo氏は夏を越えられるかと危ぶんだようですが、そこからさらに半年間頑張り、元日に息をひきとったとのことです。


ヨウカンさん 恋人ミツマメさんとラブラブだった頃

 有名人のファンも多かったヨウカンさん。Twitterには訃報を悲しむコピーライターの糸井重里さん、画家・絵本作家のヒグチユウコさん、イラストレーター・絵本作家の石黒亜矢子さんなどがお別れの言葉をツイートしています。

ヨウカンさんへの追悼コメント

 kachimo氏はブログにて、ヨウカンさんへの献花は辞退しており、そのぶんを猫ボランティアに寄付していただければとしたためています。あるいはこれが、ヨウカンさん自身が「お願い」のポーズをしながらの希望であるかもしれません。


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」