ニュース
» 2018年01月16日 19時15分 公開

スルガ銀行の「サブカルローン」が「すごいところを狙い撃ちしてきた」と話題 アニメや同人誌、ゲームなどの制作購入をサポート

アニメやゲーム、同人誌だけでなくフィギュアやコスプレなど、サブカルに関するあれこれが対象。

[エンジン,ねとらぼ]

 スルガ銀行が提供する「サブカルローン」なる金融商品が「すごいところを狙い撃ちしてきた」と話題になっています。サブカルにローンだなんて、なんだか不思議な組み合わせですね。



 公式サイトによれば、正式な商品名は「リザーブドプラン」と言い、内容は「サブカル関連専用のカードローン」。例えば同人誌の出版購入や、各種ライブイベントへの遠征費、コスプレ衣装の制作費、フィギュアやゲームグッズの購入費用、その他プラモデル改造や自主芸術作品制作にコレクション管理費などなど、サブカルに関連する事柄であれば「次元を問わず利用可能」と記載されています。利用にあたってはWebで手続きを行うため、書類郵送および店舗訪問は不要。最高限度額は800万円で、月々の返済額は(利用残高10万円以下の場合)3000円からでOKとのことです。


サブカルローン サイトでは、アニメ風のキャラクターが前面に押し出されている(公式HPより)

 詳細についてスルガ銀行の担当者に直接問い合わせてみたところ、以下のような話を聞くことができました。

  • サブカルチャーに関する幅広い利用目的に応えるため、2015年より提供を開始。
  • 提供のきっかけは、毎回コミケに通うほどのサブカル好きな若手社員のアイデア。加えて、これまで鉄道模型ローンやコレクターズローンなどを販売してきたスルガ銀行のスタイルも強く生かされているとのこと。
  • 想定している利用者層は、サブカルチャーに関心が高いと想定される20代から30代。

サブカルローン このローンがあればサブカルライフも充実

 最後に、Twitterなどネットで反響が大きかったことについても聞きました。

 「趣味にかけるお金を、借り入れで実現することには、まだまだ抵抗がある方が多いように感じます。しかし、より充実したライフスタイルを無理のない範囲で『今』実現することが、より良い生活に繋がることを信じて、お客さまの趣味を楽しむ幅を広げるお手伝いを今後も継続してまいります」(担当者)


エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声