ニュース
» 2018年01月12日 08時30分 公開

リアルグラフィックのヒグマを飼育するゲーム「くまといっしょ」がリリース 機嫌を損ねると右フックで殴られる

クマかと思ったらクマだった。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 野生のクマを飼育できるスマートフォン用ゲーム「くまといっしょ」がリリースされ、「室内にクマがいる」という絵面の強烈さにネット上が騒然となっています。機種はiOSとAndroidに対応しており、価格は無料。


 飼育系のゲームといえば「どこでもいっしょ」や「たまごっち」など、かわいい生きものを育てるものという先入観がありましたが、このゲームで育てるのはリアルに描かれた大きなヒグマ。ゲームがリリースされるなりTwitter上では「部屋に入れたら殺されかけるんですけど」「初っ端からパンチ強すぎて笑ってる」「こわい」と、奇抜過ぎるコンセプトに戸惑いつつも、絵面の面白さからついプレイしてしまう人が続出しています。

リアルグラフィックのヒグマを飼育するゲーム「くまといっしょ」がリリース 機嫌を損ねると右フックで殴られる スタート画面が既に疾走感ある

 ゲームを開始すると、庭先(?)から室内をのぞきこんでいるクマさんが登場。「やせいのヒグマが遊びに来ました。中に入れてあげましょう!」という指示に素直に従うと、クマさんは全速力でプレイヤーに向かって突進。強烈な右フックにより画面が血に染まってしまいました。ちょっとまって。

リアルグラフィックのヒグマを飼育するゲーム「くまといっしょ」がリリース 機嫌を損ねると右フックで殴られるリアルグラフィックのヒグマを飼育するゲーム「くまといっしょ」がリリース 機嫌を損ねると右フックで殴られる クマこわい

 襲われてこちらは良い迷惑ですが、クマさんは一仕事終えてなんだか得意げ。すると今度は「おっと。おなかが空いているみたいです。エサをあげましょう」という指示が。指定の場所をタップするとリンゴや魚などがあげられます。

リアルグラフィックのヒグマを飼育するゲーム「くまといっしょ」がリリース 機嫌を損ねると右フックで殴られる エサがあげられる

 エサを食べ終えると、今度は「機嫌がよくないみたいです。なでてあげましょう」という指示が。なかなか気まぐれなクマさんです。気分を落ち着かせるため、頭をなでなでしてあげましょう。しかしなで加減が気に入らなかったのか、クマさんはやっぱりプレイヤーに向かって突進&右フック。でもプレイヤーもやられっぱなしというわけではなく、今度は防御ボタンが出現。タイミングよく防御することで、ダメージをゼロに抑えることができます。

リアルグラフィックのヒグマを飼育するゲーム「くまといっしょ」がリリース 機嫌を損ねると右フックで殴られるリアルグラフィックのヒグマを飼育するゲーム「くまといっしょ」がリリース 機嫌を損ねると右フックで殴られる ガードボタン出現。失敗するともちろん大ダメージ

 このようになでなでしたりエサをあげたり、おもちゃで遊ばせたりすることで、クマさんと共存していくゲーム。エサは無尽蔵に出てくるわけではなく、使用すると一定時間使えなくなったり、暴れたクマによりボロボロになった部屋を修復する必要があったりと、室内にいながらサバイバル要素が楽しめるシビアなゲーム性が堪能できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」