ニュース
» 2018年01月14日 13時00分 公開

無線給電で駆動するウェアラブルデバイスを立命館大が開発 「光るつけま」で実証

電池や配線なしで、つけまつげを1.5メートルの距離から点灯することに成功。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 立命館大学が、無線で電力を供給するウェアラブルデバイス向け送電機を開発。さらに資生堂との共同研究で小型の受電機を仕込んだつけまつげを作り、送電機から1.5メートルの距離で光らせることに成功しました。新たなおしゃれの予感。


送受電 送電機が発する電磁波でつけまつげが点灯

 この送電機は超音波を用いたセンサーで計測した人体との距離に応じ、送る電力を制御できます。これにより、国が定めた指針の範囲内の強度で電磁波を放射し、デバイスへ電力を供給できるとのこと。この環境下にあれば、電池切れの心配なくデバイスを使えることになります。


受電ツケマ つけまつげには、直径1ミリ・長さ30ミリの光ファイバーやアンテナなどとLEDを組み込んだ受電機が取り付けられている

 実験では1.5メートル離れた場所から10ワットの電力を送り、電池や配線なしで点灯させることに成功。送電機と受電機の距離にかかわらず、LEDが一定の輝度で光ることも確認されています。

 今後は光るつけまつげが、化粧とリンクしたファッションとして広がるよう完成度を上げていくとのこと。完成したら華やかな演出手法として注目を集めるかもしれません。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響