ニュース
» 2018年01月14日 20時00分 公開

FGO最高のヒロイン! オルガマリー・アニムスフィアちゃんの話をしよう

所長かわいい。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 ちょっと高飛車で、プライドが高くて、それでいて本当は自分に自信がなく、一歩踏み込めばメンタルがグラッグラな女の子は好きですか? 

  1. めっちゃ好き!
  2. そこまで好きじゃないかも……



FGO



 

 

 なるほど。それでは、オルガマリー・アニムスフィアの話をしましょう。彼女は大ヒット中のスマートフォン向けゲーム「Fate/Grand Order(FGO)」に登場、第1部序章(特異点F)で活躍するキャラクターです。1月9日に発売されたコミカライズFate/Grand Order-turas realta(トゥルス・レアルタ)-(講談社)でも、メインヒロインであるマシュ・キリエライトとともにその魅力を振りまいています。


Fate/Grand Order -トゥルス・レアルタ- 遅刻してきた主人公を冷たく睨むオルガマリー。かわいい

 プロフィールをご紹介。オルガマリーは名門魔術師(貴族みたいなものです)の家系に生まれたお嬢様。ですが敬愛する父親には目をかけてはもらえず、愛情に恵まれない少女時代を送りました。しかもそんな父が急逝し、急きょ「人理継続保障機関フィニス・カルデア」の所長に就任することに。アニムスフィア家の「人理を守る」使命を背負います。

 精いっぱい所長として頑張るオルガマリー。しかし、所長の仕事はオルガマリーにはまだまだ荷が重く、スタッフにも認めてもらえない日々。それゆえ彼女はキツい言葉や高圧的なふるまいで所長としての威厳を示そうとし、それがさらに陰口を言われる悪循環……。


Fate/Grand Order -トゥルス・レアルタ- 陰口を叩かれるオルガマリー。かわいい

 オルガマリーの中には「誰かに褒めてもらいたい」という思いと、「自分は優れた人間ではない」という劣等感が膨れ上がっていきます。彼女が唯一心を許せるのは、「君を支えるよ」と言ってくれたレフ・ライノールだけ。かわいそう、そして不憫かわいい


Fate/Grand Order -トゥルス・レアルタ- 高飛車だけど怖がり。これはこれで……かわいい!

 これが「FGO」の物語が始まるまでのオルガマリーの生きてきた道筋。そして彼女は「FGO」の主人公である藤丸立香と出会い、運命の日を迎えます。彼女の運命がどんな物語になるのかは、「FGO」第1部序章やコミックス1巻で確認していただきたい。


FGO


 TYPE-MOONの作品は派生タイトルがいくつもあり、初出が思いのほか昔……ということもありがちなのですが、オルガマリーちゃんはゲーム「FGO」で初登場。不憫な輝きをめいっぱい放ち、プレイヤーの心に強く残りました。ゲーム本編ではけっこうサラッと大変な目に遭わされ……以下略……なのですが、このかわいそうかわいいキャラを制作陣も愛でたくなったのかもしれません。『マンガで分かる!Fate/Grand Order』『MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア』『ロード・エルメロイII世の事件簿』などの他作品で後から後から掘り下げがされていきます。

 マンガ『Fate/Grand Order -トゥルス・レアルタ-』も、オルガマリーを掘り下げた作品の1つ。ゲームとは描写やセリフが変わっていたりして、よりオルガマリーを可愛く、より不憫な存在として描こうという気合が伝わってきます。


Fate/Grand Order -トゥルス・レアルタ- 曇った表情を見せるオルガマリー。不憫かわい

 ちなみに、オルガマリーは2017年の年末特番「Fate Project 大晦日TVスペシャル2017」で放送された新作アニメ「Fate/Grand Order-MOONLIGHT/LOSTROOM-」にも登場。さらにゲーム本編で新しく公開されたエピソード「序/2017年12月31日」でも存在感を示しました。2018年はオルガマリーちゃんの年といっても過言ではありません。

 彼女の生きざまを追いかけ、そして「あっ……」という気持ちになっていただきたい。それだけが私の望みです。


特設サイト

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT
(C)講談社



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」