ニュース
» 2018年01月14日 16時30分 公開

ムーミン「ムーミン谷が舞台。それ以上聞いちゃいけない」 センター試験報道の違和感を描く4コマに同意の嵐

フィンランド出身は作者。【更新】

[コンタケ,ねとらぼ]

 2018年1月13日に行われたセンター試験で出題された、「ムーミン」に関する問題を描いた漫画が大変な人気となっています。「フィンランドが舞台なのか」をムーミンに直接聞くというものなのですが、「聞いてはいけないことを聞いてしまった」感たっぷり。ちょっと怖い……!

 同センター試験で「ムーミン」に関する問題が出題されたのは、「地理B」。「ムーミン」がフィンランドと関わりの深い作品であると答える問題だったのですが(著者のトーベ・ヤンソンはフィンランド出身)、あまりに予想外な問題であったため受験者たちは困惑。ムーミン公式Twitterアカウントに意見する者が続出するなど、話題になりました。

 そんななか、この問題を伝える一部の報道が「ムーミン」を「フィンランドを舞台にした作品」と表記。そこからだんだんと「ムーミンはフィンランド出身」と認識する人が現れ始めました。しかし、実際には「ムーミン」の舞台は架空の世界「ムーミン谷」で、そこがフィンランドであるかどうかは不明です。

 この件について違和感を覚えたというムーミンファンが4コマ漫画で騒動を表現。冬眠していたムーミンに「ムーミンはフィンランドが舞台?」と報道番組風にインタビューすると、ムーミンは「えっ」と激しく動揺。

 そして次のコマではアップになり無表情で「ムーミンはムーミン谷が舞台」と回答。そして最後のコマでは同じ表情のまま超ドアップで「それ以上は聞いちゃいけないところ」と語っています。ひぃっ、すみませんでしたー!

 このイラストにリプライ欄では、「そうかムーミン谷が舞台だ」「もやっとしていた理由が分かった」「笑った」「このために冬眠中に起こされたムーミンは怒っていい」「ディズニーはアメリカが舞台って言ってるのと同じくらいダメなやつ」「聞いちゃいけない……」といった声が寄せられていました。

【2019年9月20日 記事内容を一部更新しました】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響