ニュース
» 2018年01月17日 23時10分 公開

大学最後の追い込みに、温泉旅館にこもり卒論を書く「卒論執筆パック」が登場 書き終わった人は「卒論お疲れパック」もあるよ!

集中できない人は温泉旅館へ急げ……!

[黒川シュン,ねとらぼ]

 温泉旅館にこもって卒論を書きたい! そんな大学生たちの心の声に応え、神奈川県の旅館「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」が「卒論執筆パック」を発表しました。

大学生活最後の追い込みに 温泉旅館にこもって卒論を書く「卒論執筆パック」が登場 やったー!

 企画を発案したのは、ホテルプロデューサーの龍崎翔子さん。このパックでは、卒論の提出を間近に控える学生を対象に、期間限定で2泊3日(1泊2食付き)の宿泊プランを用意します。

大学生活最後の追い込みに 温泉旅館にこもって卒論を書く「卒論執筆パック」が登場
大学生活最後の追い込みに 温泉旅館にこもって卒論を書く「卒論執筆パック」が登場

 告知を見たTwitterユーザーからは、「使ってみたい」「安値だよね」といった声や、「マンガの企画会議パックも欲しい」と、「卒論執筆パック」とは別に仕事環境として使いたいという声も。ツイートはまたたく間に1万RTを超え、早くも売り切れの日程も出てきました。

大学生活最後の追い込みに 温泉旅館にこもって卒論を書く「卒論執筆パック」が登場 カフェ&バーでは人をダメにするソファ「Yogibo」が楽しめる。これは究極の誘惑ですね……
大学生活最後の追い込みに 温泉旅館にこもって卒論を書く「卒論執筆パック」が登場 ごはんもおいしそう!

 このように絶賛意見が多く寄せられていますが、中には「一般的な卒論提出シーズンは既に過ぎているのでは」という指摘も。龍崎さんはスケジュールに多少の誤算があったことを認めつつ、即座に「卒論お疲れパック」も発表(価格、スケジュールなどは「卒論執筆パック」と同様)。来年度は同様のパックを前倒しの日程で、11月〜1月ごろに実現したいと意欲を見せています。


 なお、今回の申し込みは原則先着順となっているので、気になった人は早めに問い合わせてみましょう。 

「卒論執筆パック」概要

宿泊日

1月23日〜25日

1月24日〜26日

1月25日〜27日

1月30日〜2月1日(完売)

※2泊3日での案内。延泊を希望の場合は個別DMで連絡。

場所

神奈川県湯河原町「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」

和客室8畳間または14畳間

食事

朝食:旅館の定番朝食

夕食:選べる定食メニュー

料金

1名の場合:9000円/泊

1名の場合:7500円/泊

3名の場合:7000円/泊

※この冬限定の特別モニター価格

※価格は全て税別


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う