ニュース
» 2018年01月18日 11時40分 公開

一般向け火炎放射器「XM42」に新型 射程5フィート伸びる、燃料タンクも増設可……家庭に何させたいんだよ!

汚物の消毒、捗る。

[澤田真一,ねとらぼ]

 世界初の一般人向けの手持ち火炎放射器「XM42」を発明した米企業The Ion Productions Teamが、より性能をアップさせたメジャーチェンジ版「XM42-M」を正式発売した。2017年末に自社サイトで商品化に向けクラウドファンディングを実施し、無事成功したもよう。さすがは自由と正義と武装の国、アメリカ。

一般 家庭 火炎放射器 XM42- 「XM42-」。ビジュアルがいかつすぎる(公式サイトより

 より極悪なデザインとなったXM42-Mは、前バージョンよりも最大射程が5フィート(約1.5メートル)伸びているのが最大の特徴。何と30フィート(約9.1メートル)先の対象物を燃やすことができる。ヒャッハー!

一般 家庭 火炎放射器 XM42- 生足と火炎を出す一般女性

一般 家庭 火炎放射器 XM42- 燃料タンクも増設可能に

 燃料タンクは状況に応じた2種類を用意している。本体下部に設置する0.4ガロン(約1.5リットル)入りタンクと、バックパック式3ガロン(約11リットル)入りタンク。後者を使えば最長3分30秒の連続放射が可能だ。天帝様がお通りになるぞ〜!!

 使用できる燃料もガソリンの他、ガソリンと軽油の混合液、そしてエタノールにも対応。いざとなったら薬局でエタノールを買ってXM42-Mに充填できるというわけだ。現在の電圧を表示する液晶ディスプレイも備え、電圧が低下したら警告のアラームが鳴る仕組みとなっている。

 価格は定価899ドル(約10万円)。YouTubeではご家庭がXM42-Mを使ってみたレビュー動画が早速出ている。マイク氏とその愛娘レイチェルちゃんが2人一緒に火炎を放つ様子が……レイチェルちゃん、とっても楽しそうです。ちなみに火炎放射器の所有はアメリカのほとんどの州で合法的ですが、日本の法律では認められていないのでご注意を!

一般 家庭 火炎放射器 XM42- 親子で火炎を放射する光景

一般 家庭 火炎放射器 XM42- 火炎放射中にカメラ目線を決めるレイチェルちゃん。将来有望すぎる

(澤田真一)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」