ニュース
» 2018年01月22日 07時30分 公開

ツインドリで給油する荒業 連続ドリフト世界記録が更新、8時間に渡って滑り続ける

なるほど、これが天才か。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 クルマをさまざまなテクニックを駆使して横向きに滑らせながら走行する「ドリフト」をどれだけ長く続けられるかという記録に、BMWに所属するドライバーが挑戦。8時間という大記録を打ち立て、ギネスワールドレコーズに認定されました。

連続ドリフト最長記録にBMWが挑戦(YouTube/Guinness World Records)

ドリフト ギネス世界記録 ツインドリフト 8時間もドリフトし続ける記録を達成

 記録に挑戦したのはヨハン・シュワルツ(Johan Schwartz)さん。最高600馬力を実現するBMWの新モデル「BMW M5」を使い、水を撒いて滑りやすくした円形コースを舞台に行われました。そして、この挑戦では記録更新のための「すごい奇策」も用いられました。

 それは「ドリフト走行中のクルマに合わせて、給油車もドリフトしながら給油を行う」というもの。なるほど、これが天才か。


ドリフト ギネス世界記録 ツインドリフト ドリフトしているヨハンさんの車に近づく給油車

 湖面を踊るようにドリフトをし続けるBMW M5。車両は今回の挑戦で良い記録を出すために可能な限り軽量化され、ガソリンの量も必要最低限に抑えられています。しかしそれだけではすぐガス欠になってしまい、記録は伸ばせません。そこで考え出されたのがツインドリフト給油というわけです。


ドリフト ギネス世界記録 ツインドリフト ヨハン「給油してくれ!」 給油スタッフ「応ッ!」

 ドリフト走行中のマシンにタイミングを合わせて飛び出していった給油車は、ヨハンさんのM5にぴったりと寄り添うようにドリフトで追従。増設された専用の給油口へ、給油車からホースを接続して、神業とも言えるテクニックでツインドリフト給油を成功させました。


ドリフト ギネス世界記録 ツインドリフト 増設された給油口にホースを接続、給油に成功!


ドリフト ギネス世界記録 ツインドリフト ちょっと失敗してあわや給油スタッフが挟まれそうになるハラハラなシーンも

 8時間も走行し続けたヨハンさんはもちろんですが、給油車で身を乗り出しながら給油に挑んだ給油スタッフの彼にも、その勇気に賞賛を贈りたいところです。


ドリフト ギネス世界記録 ツインドリフト 彼なくして、この記録達成はなかったでしょう

 今回の挑戦で達成されたのは「Longest continuous vehicle drift(最も長くクルマでドリフトしつづけた)」というもので、記録は8時間。その走行距離は374.17キロでした。370キロというと、東京から仙台を超えた石巻、あるいは名古屋を超えて三重県鈴鹿サーキットあたりまで行ける距離です。

 ついでといってはなんですが、今回の挑戦で「Longest twin vehicle drift(最も長くツインドリフトした)」という記録も更新されました。その記録は79.26キロとのこと。2014年に認定された28.52キロを大きく上回る結果となりました。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」