ニュース
» 2018年01月23日 07時30分 公開

佐賀県×ストIIのコラボショップ「佐賀ット商店」が銀座にオープン! オープニングイベントにはサガット店長も登場

サガット店長「アイガー!(佐賀ット商店は、佐賀県の魅力が詰まっているから来てほしいです)」

[大原絵理香,ねとらぼ]

 佐賀県が「ストリートファイターII」とのコラボレーションを行なっている「ストリートファイター佐賀」(関連記事)の一環として、「サガット」が店長を務める「佐賀ット商店」のオープニングイベントが1月22日に開催された。



 「佐賀ット商店」は1月22日から28日までの1週間、銀座プレイス3階「common ginza(コモンギンザ)」内で営業。イベントでは、店長であるサガットをはじめ、「ストリートファイターII」のコスプレをした佐賀県知事の山口祥義さん、ダチョウ倶楽部、野呂佳代さんが登場。登場シーンでは、それぞれが各キャラクターになって挨拶や必殺技を披露し、会場を盛り上げていた。



肥後克広さん(ケン):
「昇竜拳! わたしの名前はケン! 主人公のリュウとは幼馴染だ! しかし、性格はまるっきり違う! そして、リュウとは幼馴染と言いつつ、ライバルであり、そして戦友だ! 頼むぞ、リュウ! 昇竜拳!」



上島竜兵さん(エドモンド本田):
「どやさどやさ! どやさどやさ!(ここで「それはくるよさんだよ!」とツッコミが入る) わたしの名前はエドモンド田中でごわす……訂正! エドモンド本田でごわす! うちのマネージャーに田中という者がいるから一緒になったでごわす! わたしは、この日本の素晴らしい大相撲を世界に広めるために、やってまいりました。そしてわたしは、必殺技のあとには、ちゃんと歌舞伎のポーズが入ります! これがわたしの日本を愛するキャラクターです。どやさどやさ!」



寺門ジモンさん(ガイル):
「亡き友を愛し、家族を大切にする、わたしがガイル! 俺が一番近い(似てる)! みんな長いからこのくらい(の自己紹介)がいいんだよ!」



野呂佳代さん(春麗):
「わたしは春麗! 中国出身! インターポールの刑事です。わたしの必殺技、早くて見えないかもしれないから、ちゃんとシャッター切ってよ! 百裂脚!」



 登場したあとのトークセッションでは、寺門さんが佐賀牛の魅力や、今回の「ストリートファイター佐賀」のおすすめ商品として、「ストリートファイター佐賀 有田焼」「ブラックモンブランカ」「佐賀のり クラシックパッケージ」などを挙げていた。これらの商品は「佐賀ット商店」で購入することが可能。


スト佐賀 佐賀ット商店には、今回のコラボレーションのために佐賀県の企業がが作ったコラボ商品が並んでいる

スト佐賀 タイガーショット(ツーショット)の撮影スケジュールは公式サイトでの確認のこと

 また、もちろん店長のサガットも着ぐるみ姿で登場。サガット商店への意気込みを聞かれると、「アイガー!(佐賀ット商店は、佐賀県のこだわりや魅力などがたくさん詰まっているからぜひ来てほしいです)」と答えていた。ちなみに期間中は、サガット店長の着ぐるみも登場し、タイガーショット(ツーショットのことらしい)の撮影も可能。


スト佐賀 近くで見るとこわい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」