ニュース
» 2018年02月01日 12時10分 公開

ジャニーズ、ネット写真解禁にネット民激震 「もっと早く解禁していれば○○にならずにすんだのに……」大喜利で盛り上がる

風物詩が失われてしまうことに寂しさを覚える人も。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 ジャニーズのネット写真解禁が発表されて一夜。この大きな方針転換に対しSNS上では歓迎する声が多く見られた一方、過去Web上で公開されてきたジャニーズタレントの広告へのツッコミどころ探しが活発化しています。

ジャニーズ、ネット写真解禁にネット民激震 「もっと早く解禁していれば○○にならずにすんだのに……」大喜利で盛り上がる 12月27日に発売された『anan』(画像はAmazon.co.jpより

 最も目立つのは、「『かまいたちの夜』にならずにすんだのに……」というもの。ジャニーズタレントが雑誌の表紙などを飾る場合、ネット上ではその書影すら掲載不可とされてきたため、人形に塗りつぶされたシルエットを使った書影が載ることがしばしばありました。このシルエットが、名作ミステリーゲーム「かまいたちの夜」を連想させることから、上記のようなネタ投稿が続出。

ジャニーズ、ネット写真解禁にネット民激震 「もっと早く解禁していれば○○にならずにすんだのに……」大喜利で盛り上がる 「かまいたちの夜」シリーズのシルエット状の登場人物を連想させる(画像はYouTubeより
ジャニーズ、ネット写真解禁にネット民激震 「もっと早く解禁していれば○○にならずにすんだのに……」大喜利で盛り上がる 以前KAT-TUNが活動再開を発表した際にねとらぼで作成した画像(関連記事
ジャニーズ、ネット写真解禁にネット民激震 「もっと早く解禁していれば○○にならずにすんだのに……」大喜利で盛り上がる 「かまいたちの夜」風(?)なKAT-TUN

 また、映画のポスターにおいてはWeb上であっても見栄えが求められるため、メインキャストのジャニーズタレントを劇中の印象的なアイテムに置き換えるケースもありました。例えば映画「ハルチカ」では主演の佐藤勝利さんの姿はなく、代わりに共演の橋本環奈さんが楽器の“ホルン”を見つめるポスター。

 「鋼の錬金術師」ではメインキャストが総出演しているポスターにもかかわらず、主演の山田涼介さんだけがいない状態で、代わりに“賢者の石”が置かれているというものもありました。


 SNS上ではこうした印象的なポスターに対し、「今後は『ホルンに姿を変えられた佐藤勝利くん』『賢者の石になってしまった山田涼介くん』といった味のあるポスターが見られなくなるのでは?」と、逆に残念がる声も見られます。

 ただしジャニーズの1月31日の発表によると、今回Web媒体に解禁される画像は「記者会見、囲み取材、舞台挨拶などのタレント登壇時の写真のWebニュースサイトでの使用」に限られています。文字通り受け取ると、書影やポスターなどの画像使用を無条件で解禁するわけでもないのかもしれません。

 また、中には「『映画の舞台挨拶で他の俳優たちが集まって報道陣の前でシャッター切られてる横で、映れないから一人ぼっちでそれを眺めているジャニーズ』っていう構図が特別感があって結構好きだったんだけど、もうそういう画が見られなくなるのは寂しい」といったマニアックすぎる意見も。ネットへの露出制限が、ある種「文化」として根付いていたことを感じさせます。


 とはいえ、昨年(2017年)にはNetflixで配信されたドラマ「炎の転校生REBORN」にジャニーズWESTのメンバーが出演。岡田准一さんのLINE LIVEへの出演や、木村拓哉さんのLINEスタンプ、CMへの出演など、近年急速にネットを意識した展開も増えてきたという流れもありました。

 こうした取り組みの中で、ジャニーズタレントがネット上でどういう存在になっていくのか。今後の展開に注目が集まります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」