ニュース
» 2018年02月01日 17時50分 公開

つけペンメーカー「ペン先をライターであぶるのはNG」 見解表明でユーザーに衝撃

そうだったのか。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「火であぶるとペン先の硬度が変わるので、メーカーの立場から言うと、あぶらないのが正解です」――つけペンの製造・販売を手掛ける立川ピン製作所(以下、タチカワ)の公式Twitterが投稿したツイートが、つけペンユーザーの関心を集めています。


 Gペンや丸ペンなど、漫画やイラストを描く際に広く使われているつけペン。ペン先に油分が付いていると、ペン先がインクを弾いてしまい、描きづらくなります。そこで、使い始める際にペン先を火であぶることで、表面の油を飛ばし、描きやすくなると言われていました。

 ところがここにきて、前述のタチカワによる投稿。数十年も前からメジャーな手法として浸透していたこともあり、有効性を信じていた人たちからは動揺の声が上がりました。


 ツイートの反響を受け、タチカワは追加の情報も投稿。「サッと軽くあぶるのは問題ないと思いますが、じっくりあぶるのは錆や硬度が変わる恐れがある為、お奨めしません。もしくはティッシュや布で軽く拭うのが良いと考えております」と、火であぶるよりもティッシュや布の使用を推奨しています。

 日本における代表的なつけペンブランドはタチカワ、日光、ゼブラの3種類。その内日光の製品はタチカワで製造されています。ねとらぼ編集部では、残る1つの製造メーカーであるゼブラに、火であぶる是非について尋ねてみました。


ねとらぼ:出荷時、つけペンの先には油分が付いているのですか? 火であぶるメリット、デメリットについて教えてください。

ゼブラ:ゼブラのペン先には、製造工程上、油分がついている可能性がございます。お使い始めのときに、布やティッシュで拭いていただくことでインクがつきやすくなります。しかし、火であぶるという行為は、ペン先の品質を悪くしますので、絶対におやめください。

つけペンメーカー「ペン先をライターであぶるのはNG」 見解表明でユーザーに衝撃 ゼブラ 漫画用ペン先 Gペン(画像はAmazon.co.jpより

 というわけで、ゼブラ的にも火であぶるのは好ましくないという回答でした。

 実は過去にもしばしば、メーカー関係者が火であぶる問題点について言及したことはありました。ただしメーカーとして見解が出るのはまれなため、今回のツイートを機に知ったという人も多かった様子。両社の指摘通り、ライターで加熱するとペン軸が傷みやすくなるため、長く使うためにも、ティッシュや布を使ったメンテナンスが無難と思われます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」