ニュース
» 2018年02月02日 07時00分 公開

「残業」がテーマのボードゲームがヴィレヴァンに登場 「いつ退勤するか」を巡るかけひきがアツくせつない

残業からの休日出勤コンボで手持ちのライフが減ると負けという、笑えないルール。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 職場が残業ムードのとき、いつ帰るか――退勤のタイミングを巡る打算をボードゲーム化した「THE 残業」を、ヴィレッジヴァンガードオンラインが2315円(税込)で販売開始しました。帰宅時刻の書かれた「退勤カード」を出し合い、その結果で増減する「ライフトークン」をいかに保つか競う勝負。ゲームシステムが切なすぎる。


パッケージ タイトルだけでつらい

裏面 謎の生物「デス・クワーカー」がプレイヤーの分身。区切りで「デス」を強調するのやめてよう

 プレイ人数は3〜5人。「サラリーマンの一週間」に見立てた順序で、ゲームは進行します。月曜日に手札の分配や、「全体朝礼」と称するプレイヤー間のカード交換をしたら勝負は開始。なお、始めにカードを出す「スタートプレイヤー」の決め方は、「先週最も残業時間が多かった人」が推奨されています。リアルの残業までルールに持ち込まなくてもいいのでは……。


プレイ例 場に出すカードの選択がゲームのメイン

 スタートプレイヤーは「お先に失礼します!」と言いながら任意の退勤カードを場に提出。続くプレイヤーは「お疲れ様です!」と、より時刻の遅いカードを出すのが基本の流れです。出せるカードがない、あるいはあえて出したくない場合は、手札の中で最も時刻の早いカードを無言で出し、「既にこっそり退勤した人」になるのがルール。最も退勤時間の遅いカードを出した人は、「ストレストークン」を1個受け取り、次回のスタートプレイヤーになります。もう、出てくるキーワードがイヤすぎて、説明しててつらくなってきた。


退勤カード 退勤カードの時刻は、19時3分から30時59分(翌日6時59分)まで。始業が遅めの会社なのかな?(すっとぼけ)

 一連の流れを月曜から木曜までの4回分繰り返したら、「ストレスチェック」が発生。ストレストークンを3個以上持っているプレイヤーは、「上司にカウンセリングを勧められた高ストレス者」とされて休暇をもらい、ライフトークンを1個獲得できます。ありがたいようなそうでないような。

 そして金曜日の勝負で最も退勤時間が遅かったプレイヤーは、「そのまま会社に泊まって土日出勤に移行した」ことになり、一定数のライフトークンが没収され、ストレストークンが1個与えられます。こうした一週間の流れをくり返し、ライフトークンがゼロになったプレイヤーが出た時点でゲームは終了。残りライフが一番多い者の勝利となります。

 決着の基準となるライフトークンは、ストレストークンをためると回復できるため、いち早く退勤するのがベストとならない点が面白いところ。あえて遅いカードをため込み、ライフの回復を狙う作戦もとれます。ただし、退勤カードのなかには特定の条件下でしか出せない「終電オワタカード」もあり、出せないまま金曜日を迎えると休日出勤のリスクが増大するので、兼ね合いが重要。全体朝礼でのカード交換が、ゲーム展開を左右しそうです。


ルールルール 詳細なルールはこちら(クリックで拡大表示)

 開発元のカラメルカラムは、世界観の同じゲームアプリ「THE 残業 - 脱出ゲーム」(Android版iOS版)も手がけています。こっちもせつない。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ