ニュース
» 2018年02月06日 12時00分 公開

ちょっぴり怖いイケメン医師が活躍する漫画「小児外科のゆうか先生」が面白い! ふとしたギャップにハマる人続出(1/2 ページ)

子ども嫌いの小児科医が主人公という「最高かよ!」な異色の漫画。

[Kikka,ねとらぼ]

 子どもが嫌いなのに小児科医として活躍するイケメン主人公を描いた漫画「小児外科のゆうか先生」(作・和乃アヤ子@WANOayakoさん)がpixivで好評を得ています。これはギャップにやられる……!


漫画 小児外科のゆうか先生 pixivで話題になっている漫画「小児外科のゆうか先生

 舞台はH大学病院。小児外科医として働く新藤優花は、看護師の十護(つなしまもる・愛称:じゅー君)とともに日々の業務に追われています。

 金髪に白い肌、泣きぼくろがチャームポイントと中性的な見た目の優花先生が働く小児外科には、「もしリカに何かあった場合は責任とって下さるんですかァ!?」と言っちゃうような保護者も訪れており、「今回の手術はリスクが低いですがもちろん全力を尽くさせて頂きます」とオトナな対応をしつつ、「(出た 医者を神だと勘違いして“絶対”を押し付けてくる厄介なやつ)」「(責任って何の責任だよ カネでも要求するつもりか?)」と疲れた顔で日々内心毒づいています。


小児外科のゆうか先生

 さらに、「そもそも子どもは嫌いなんだ 診察中ギャーギャーうるせぇから」と話す優花先生に、この人何で小児を選んだんだろう……と不思議そうなじゅー君。そもそも優花先生は医学部を首席で卒業した後、脳神経外科医として敏腕をふるった非凡な医師だったのに、その後なぜか小児外科に転属してきたという過去があるらしく、その背景は謎に包まれています。


小児外科のゆうか先生

 常に寝不足状態で怖い顔の優花先生ですが、「本当によくなるの?」と聞かれれば「うん、先生が絶対治すよ」と満面の笑みを浮かべたり、「眠れないから本を読んで欲しいって言ってます」と頼まれると、いやいやながら「ひとづまとイケメンドクターのイケない恋」という、それ読んで寝れるのかという本を読むなど、子どもには優しい様子。その意外なギャップには「なんやかんや甘い先生最高です!」「朝から拝み倒してますありがとうございます」とのコメントが寄せられています。


小児外科のゆうか先生

小児外科のゆうか先生

小児外科のゆうか先生

小児外科のゆうか先生

小児外科のゆうか先生

小児外科のゆうか先生

小児外科のゆうか先生

小児外科のゆうか先生

小児外科のゆうか先生

 さらに2月1日には待望の「小児外科のゆうか先生 vol.2」が公開され、こちらでは新キャラの看護師・百田梅子(ももたうめこ)が登場。優花先生に一目ぼれした彼女はいつも優花先生と一緒の先輩看護師・じゅー君に嫉妬しており、今後波乱の展開を巻き起こしそうなフラグをぶっ立てています。あー続きが気になる……!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」