ニュース
» 2018年02月06日 19時50分 公開

まだアップルで電話してるの? 買うとマウンテンゴリラを救える「バナナフォン」登場

売り上げの一部が保護団体への寄付金に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 AppleのiPhoneがAndroid端末としのぎを削るスマートフォン市場に、リンゴならぬ「バナナフォン」が登場しました。もっとも、新たなプラットフォームではなく、既存のスマホとBluetoothで接続できるバナナ型受話器です。クラウドファンディングサイトのKibidangoで資金を募っており、入手に必要な支援額は4880円(税込)から。


バナナフォン 「まだアップルで電話してるの?」

プロジェクトページ 既視感のあるプロジェクトページ

 バナナ型の筐体に、マイクやスピーカー、音量調節ボタンなどを備えた受話器。ペアリングしたスマホへの着信時にホームボタンを押すと電話がとれます。発信したいときはSiriかGoogleアシスタントを使い、音声で指示。マイクロUSBで充電できるバッテリーを内蔵しており、10時間の連続通話と70時間の連続待受を実現しています。


受電 ワンプッシュで受電

発信 「OK,Banana!」

 もともとは「もっと会話を楽しめるように」と開発され、海外でのクラウドファンディングの成功を経て製品化されたもの。今回のプロジェクトは日本への輸入を目指すものです。なお、売り上げの一部はコンゴのマウンテンゴリラ保護活動団体へ寄付されます。


寄付寄付 コンセプトは「笑って、話して、ゴリラを救おう!」

 既に目標額の25万円は達成しており、正規輸入は確定。支援者には6月ごろから発送されます。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する