ニュース
» 2018年02月09日 20時00分 公開

「モバマス」が僕らに与えてくれたもの 〜かーずSPのソシャゲ狂想曲〜かーずSPのインターネット回顧録(1/3 ページ)

「モバマス」に18万円突っ込んで得たものとは。……え、15万円じゃなかったっけ?

[かーず,ねとらぼ]

 かーずSPで検索すると「かーずSP モバマス 15万」がサジェストされていたかーずです。1年前、Google検索のアルゴリズム改定でようやく消えてくれたよ!

 これはソーシャルゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ(以下、モバマス)」初期のころ、「15万」という謎のスティグマを背負ってしまったニュースサイト管理人が体験した、2012年の物語……。


かーずSP モバマス狂想曲



ソシャゲ=情弱だと思っていた時期もありました

 いきなりですが、申し訳ありません。かつての私は、ソーシャルゲームへの課金をお金をドブに捨てる無駄遣いだと下に見ていました! 2011年ごろまでのソシャゲはまだガラケーがメインで、画面のドット絵も荒く、ポチポチ押すだけの単調な作業感が強かったんです。

  • ガラケーで「5」ボタンを連打するだけ
  • アイテム課金で数千円の釣り竿がすぐに壊れる

など、ソシャゲのネガティブな情報がネットに流れるたびに、SNSでは「ひでー搾取w」「情弱w」とバカにするのがお決まりの風潮でした。

 私も同意見で、docomoのガラケーで月額制のゲームを遊んだこともありますが、がっかりの出来でした。「Wizardry」も「ディスガイア」もガラケー版はゲーム性が練り込み不足、デバイスの反応速度の悪さがキツかった……。

 ファミコンからずっとビデオゲームを趣味にしてきた身としては、「ソシャゲなんかをゲームとは呼びたくない」ってプライドも肥大化していたんだと思います。



「SR如月千早」なんて餌に釣られる訳……クマー!

 ところが2012年1月、友人からSkypeで「『アイドルマスター』のソシャゲがあるんだけどやらない?」と誘われました。「アイドルマスター」はアーケード版にハマりまくって大好きだったんですが、ソーシャルゲームっていうのが引っ掛かります。


かーずSP モバマス狂想曲かーずSP モバマス狂想曲 アーケード版「アイドルマスター」(アケマス)のユニットカードたち

かーずSP モバマス狂想曲 思えばこの時点で既にかなり革新的なゲームでした

 乗り気ではなかったんですが、招待されると彼に特別なレアカードが配布されるらしい。「友人のために、チュートリアル終わるまでなら」という義理でスタート。

 絵はキレイだけど、動くわけでもない。時間で回復するスタミナポイントを使って、お仕事クエストをただ「5」ボタンでポチポチ押すだけの単調さに、早くも飽きそうです!


かーずSP モバマス狂想曲 中央にある「お仕事を続ける」ボタンをポチポチ押すだけのクエスト


ニュージェネ渋谷凛で手のひらクルッ

 最初のボスのみくにゃん(前川みく)は弱いし、ゲーム性がないなあとぼやいてました。ところがアイドルたちが会話しているテキスト。これが「おっ!」と思わず前のめりになるような、萌えの琴線に触れたのも事実です。


かーずSP モバマス狂想曲 フレーバーテキストでちょっと前のめりになり……

 さらに、無料でもらえるガチャチケットで手に入れた最初のSR[ニュージェネレーション]渋谷凛が状況を一変させます。


かーずSP モバマス狂想曲 掌返しのきっかけになった「ニュージェネレーション渋谷凛+」

 人間の心理なのでしょう。高レアカードを手に入れた途端、渋谷凛が途端にいとおしく感じられるようになってきました。そしてゲーム中でも、SR渋谷凛を使いたくなってくるというモチベーションが働きます。

 ここで、「絵に課金するなんてバカみたい」という偏見が解消されました。ユーザーは絵が欲しいのではなく、その子のカードを使ってゲーム内で活躍させたい気持ちになっていくのだと。

 事務所対抗戦で、SR渋谷凛をリーダーにしたクール艦隊が勝ち続けるのは気持ちよく、確かにソーシャルゲームには、独自の面白さがあることを認めざるを得ませんでした。く、くやしいけど……感じちゃう!



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響