ニュース
» 2018年02月08日 22時15分 公開

ラムのコスプレで「ラムのラブソング」弾いてみた トラ柄ビキニなガチジャズ演奏に脳の処理が追いつかない

そわそわしちゃう。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 ジャズピアニストの高木里代子さんが節分にちなんで、「うる星やつら」のラムちゃんコスでピアノを披露。技巧派な演奏と見た目のギャップに脳の処理が追い付きません。


 高木さんは立った状態の大胆な後ろ姿で登場。ラムちゃんさながらのトラ柄ビキニに身をまとい、頭にはツノ……ならぬ、シマシマのトラ耳カチューシャを装備。ゆったりと鍵盤の前に腰掛けると、リラックスした表情とは裏腹に眼光が一瞬だけ鋭くなります。

ラムのコスプレで「ラムのラブソング」弾いてみた トラ柄ビキニなガチジャズ演奏に脳の処理が追いつかない 本物のラムちゃんと見紛うオーラ
ラムのコスプレで「ラムのラブソング」弾いてみた トラ柄ビキニなガチジャズ演奏に脳の処理が追いつかない 演奏スタート

 演奏が始まると、さすがはプロのピアニスト。名曲「ラムのラブソング」を重力を感じさせない指さばきで軽やかに奏でていきます。しかも単に原曲をなぞったものではなく、途中からはジャジーな変奏を交えるという思わず目を閉じ聞き入ってしまいたくなる内容。でも高木さんがキュートすぎるため、目と耳を総動員せざるを得ません。やはり脳に優しくない動画だ。

ラムのコスプレで「ラムのラブソング」弾いてみた トラ柄ビキニなガチジャズ演奏に脳の処理が追いつかない
ラムのコスプレで「ラムのラブソング」弾いてみた トラ柄ビキニなガチジャズ演奏に脳の処理が追いつかない 演奏を終えて、「鬼はそと〜!」

 高木さんは2017年末ごろから季節に合わせた衣装で演奏をするのを恒例にしていて、今回の投稿はクリスマスのサンタコス、正月の花魁姿に続いてのもの。小学生のころから「うる星やつら」が大好きだったという高木さんは、休みの日にはレンタルショップで同作のビデオをワクワクしながら借りにいっていたのだとか。

サンタコスでクリスマス・ポップス・メドレー
花魁姿で「春の海」をEDMジャズ風に

 アニソンを弾くのは久しぶりだという高木さん。「コスプレ✕アニソン」というコラボが「思った以上に超楽しい!」ことに気付いたとのことで、今後もいろいろと試してみたいご様子。公式ブログでは聞きたい、見たい作品のリクエストを募集していました。次はどんな姿で、聞かせてくれるのかな。

ラムのコスプレで「ラムのラブソング」弾いてみた トラ柄ビキニなガチジャズ演奏に脳の処理が追いつかないラムのコスプレで「ラムのラブソング」弾いてみた トラ柄ビキニなガチジャズ演奏に脳の処理が追いつかない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声