ニュース
» 2018年02月10日 12時30分 公開

「“本当の〆切”なんてないです」 原稿を“催促する側”と“執筆する側”の攻防が特定クラスタの心に刺さる

自戒を込めて紹介します(筆者)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 博物館の日常を学芸員の視点で描く「学芸員の観察日記」が、近ごろTwitterで話題です。基本的にはほのぼのした漫画なのですが、資料用の原稿を「催促する側」と「執筆する側」のやりとりを描く「攻防」シリーズが、同業者や文筆家などにグサグサ刺さっているようです。あと、ぼく(筆者)にも。


攻防 あるあるすぎるやりとり

 滝登くらげ(@taki_kurage)さんが、Twitterとpixivで公開している漫画の1シリーズ。原稿を遅らせている田貫(たぬき)さんを軸に話は展開されます。〆切(締め切り)はとっくに過ぎているのですが、彼は催促されると堂々「全然できてない」と白状。「本当の〆切はいつかな?」と押し切ろうとします。

 ここで言う「本当の〆切」とは、「多少遅れてもどうにか間に合うだろう」と、書き手が勝手に思い込んでいる日程のこと。もちろん〆切に本物も偽物もありませんし、仮に原稿が遅れたのに出版が間に合ったとしても、それはデザイナーや印刷所が無理をしての話です。

 その後も田貫さんの執筆は進んでいないようで、〆切からは約1週間が経過。それでも彼は、入稿後の校正や印刷といった工程にかかる時間を計算し、「あと3日は大丈夫」と勝手に判断してしまいます。そういうことすると、最終的に破綻しますよ……。


攻防2 筆者の経験では、勝手に不正確な計算をされるよりはと、「間に合わないとマジで本が出なくなるデッドライン」が最初に伝えられるケースもあります

 筆者の経験上、田貫さんのようなタイプは〆切の日時を自分に都合良く解釈する傾向があるものです。例えば依頼者が「金曜日までに」と言う場合、「金曜日の営業時間中に」を意図しているはずなのですが、請ける側は文字通り「金曜日の24時まで」ととらえます。この思考はとても危険で、やがて「24時にできたとしても、編集側の作業は翌日になるだろう」「編集さんは土日休みだから、作業は結局週明けになるだろう」「つまり月曜朝までに書き上げればOK!」と発展し、自己判断で作業を遅らせてしまいます。


攻防3 「仮の〆切」のようなものが生まれるプロセス

 依頼者は依頼者で、田貫さんがそう考えることを想定し、〆切を本来よりも早い「木曜正午厳守」と設定。こうした経緯で〆切が前倒しにされることもあるので、書き手は「本当の〆切」というものが存在すると考えてしまうわけです。元はと言えば自分のせいなのに。


攻防4 どうにか入稿した田貫さんですが、作図が必要な表が入っていたためデザイナーさんに迷惑を掛けることに

 その後、資料は内覧会前日ギリギリでどうにか完成し、スタッフもホッとしたムード。大変な袋詰め作業も、田貫さんの頑張りもあって速やかに終わりました。ん、田貫さん、そんな場面で評価されていますけど、〆切さえきちんと守っていれば、袋詰めだって余裕を持ってできたんですよ? そもそも納品が間に合ったのも、デザイナーや印刷所へ迷惑を掛けた末の話なわけで……。


納品 田貫さん、どうしてそういうときだけ手が早いの……

 シビアな話ばかりになってしまいましたが、「攻防」シリーズはこの漫画でも特異なエピソード。ほかでは博物館や学芸員にまつわる出来事がゆる〜く描かれています。


職業病納品 本来は気楽に読める漫画なんですよ!

画像提供:滝登くらげ(@taki_kurage)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」