ニュース
» 2018年02月10日 12時30分 公開

「“本当の〆切”なんてないです」 原稿を“催促する側”と“執筆する側”の攻防が特定クラスタの心に刺さる

自戒を込めて紹介します(筆者)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 博物館の日常を学芸員の視点で描く「学芸員の観察日記」が、近ごろTwitterで話題です。基本的にはほのぼのした漫画なのですが、資料用の原稿を「催促する側」と「執筆する側」のやりとりを描く「攻防」シリーズが、同業者や文筆家などにグサグサ刺さっているようです。あと、ぼく(筆者)にも。


攻防 あるあるすぎるやりとり

 滝登くらげ(@taki_kurage)さんが、Twitterとpixivで公開している漫画の1シリーズ。原稿を遅らせている田貫(たぬき)さんを軸に話は展開されます。〆切(締め切り)はとっくに過ぎているのですが、彼は催促されると堂々「全然できてない」と白状。「本当の〆切はいつかな?」と押し切ろうとします。

 ここで言う「本当の〆切」とは、「多少遅れてもどうにか間に合うだろう」と、書き手が勝手に思い込んでいる日程のこと。もちろん〆切に本物も偽物もありませんし、仮に原稿が遅れたのに出版が間に合ったとしても、それはデザイナーや印刷所が無理をしての話です。

 その後も田貫さんの執筆は進んでいないようで、〆切からは約1週間が経過。それでも彼は、入稿後の校正や印刷といった工程にかかる時間を計算し、「あと3日は大丈夫」と勝手に判断してしまいます。そういうことすると、最終的に破綻しますよ……。


攻防2 筆者の経験では、勝手に不正確な計算をされるよりはと、「間に合わないとマジで本が出なくなるデッドライン」が最初に伝えられるケースもあります

 筆者の経験上、田貫さんのようなタイプは〆切の日時を自分に都合良く解釈する傾向があるものです。例えば依頼者が「金曜日までに」と言う場合、「金曜日の営業時間中に」を意図しているはずなのですが、請ける側は文字通り「金曜日の24時まで」ととらえます。この思考はとても危険で、やがて「24時にできたとしても、編集側の作業は翌日になるだろう」「編集さんは土日休みだから、作業は結局週明けになるだろう」「つまり月曜朝までに書き上げればOK!」と発展し、自己判断で作業を遅らせてしまいます。


攻防3 「仮の〆切」のようなものが生まれるプロセス

 依頼者は依頼者で、田貫さんがそう考えることを想定し、〆切を本来よりも早い「木曜正午厳守」と設定。こうした経緯で〆切が前倒しにされることもあるので、書き手は「本当の〆切」というものが存在すると考えてしまうわけです。元はと言えば自分のせいなのに。


攻防4 どうにか入稿した田貫さんですが、作図が必要な表が入っていたためデザイナーさんに迷惑を掛けることに

 その後、資料は内覧会前日ギリギリでどうにか完成し、スタッフもホッとしたムード。大変な袋詰め作業も、田貫さんの頑張りもあって速やかに終わりました。ん、田貫さん、そんな場面で評価されていますけど、〆切さえきちんと守っていれば、袋詰めだって余裕を持ってできたんですよ? そもそも納品が間に合ったのも、デザイナーや印刷所へ迷惑を掛けた末の話なわけで……。


納品 田貫さん、どうしてそういうときだけ手が早いの……

 シビアな話ばかりになってしまいましたが、「攻防」シリーズはこの漫画でも特異なエピソード。ほかでは博物館や学芸員にまつわる出来事がゆる〜く描かれています。


職業病納品 本来は気楽に読める漫画なんですよ!

画像提供:滝登くらげ(@taki_kurage)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声