ニュース
» 2018年02月17日 19時00分 公開

卒業制作のテーマは“BL×顔出しパネル”! 好きなものを堂々と発表したい――に挑んだ武蔵野美大生を取材(1/2 ページ)

きっかけは教授からの「評価とか気にしないであなたの好きなことやらなきゃ!」という一言。

[戌田港,ねとらぼ]

 さまざまなボーイズラブ(通称:BL)のシチュエーションに遭遇した女子になりきれる、「BL顏出しパネル」が武蔵野美術大学の卒業制作展で展示され話題になっています。独特の世界観で「異空間て感じでめっちゃ楽しかった」「ロックな方面でインスタ映えできる」などの意見を集めた制作者を取材しました。


BL顔出しパネル 武蔵野美術大学の卒業制作展で展示され話題になった“BL顔出しパネル”

 「1/18-1/21武蔵野美大卒制展でボーイズラブの顏出しパネル展示してます」「これで卒業できるのか激しく不安ですが、作るの楽しかったので写真とか撮りに来てください 」とTwitterに投稿したのは、作者のバウハウジャーブルー(@snow_w_m)さん。

 教室でキスをする制服カップル、ベットでイチャコラするカップル、結婚式の主役カップル、卒業証書を片手に木の下で小指を結ぶカップルなどさまざまなシチュエーションのBL展開を大きなパネルで表現しました。ポイントはそんなカップルを見守っていたり、片方の男子に思いを伝えようとしてラブレターを持っていたりする女子の存在。顔の部分がくり抜かれているので、来場者自身が女子の気持ちになって“顔出し”することができます。これがモブ女というやつか……。


BL顔出しパネル パネルから顔を出せばモブ女子体験が可能

BL顔出しパネルはなぜ生まれた? 作者に聞いた制作秘話

 普段からBLものの二次創作をしているというバウハウジャーブルーさん。しかし、趣味でBL方面の活動をすることと、卒業制作という学生の集大成の作品でBLを扱うことではハードルが全く違ったはずです。ではこの顔出しパネルはどういういきさつで制作されたのでしょうか。ねとらぼ編集部はバウハウジャーブルーさんにお話を伺いました。

――卒業制作のテーマがBLで、しかも“顔出しパネル”というのはかなりユニークな発想だと感じました。普段からBL関係の作品を課題提出していたのでしょうか。

バウハウジャーブルー普段は趣味として二次創作のBLの漫画を描いていますが、課題として作ったのは初めてです。

――なぜ卒業制作にBL顔出しパネルを作ろうと考えたのでしょうか。

バウハウジャーブルー最初は、「顔出しパネルを自作したら楽しそうだな」くらいの感覚で中間講評(卒業論文の中間発表のようなもの)に臨んだのですが、講評で“顔出しパネルを作る”というプランが妙にウケてしまいました。それがプレッシャーで11月半ばまで何のパネルを作るかは決られませんでしたが、ゼミの担当教授から「あなたの好きなことなに!? 卒制でしょ? 教授の評価とか気にしないであなたの好きなことやらなきゃ!」と詰められ、私も正気ではなかったので、趣味で描いていたBLのイラストを教授に見せました。

――そのときの教授の反応は。

バウハウジャーブルー教授はそういう文化に造詣が深い訳ではないので、引かれるかと思ったのですが「いいじゃないですか、それでやったら?」と。そこで何かつき物が落ちたような感覚になり、そこから「それもそうだな! BL最高だし」と大急ぎでパネルを作り始めました。また制作理由の一つに、隠しがちなBLという趣味について、顔出しパネルから顔を出すように堂々と正面を向いて伝えたいという思いもありました。

――思い切りましたね。パネルの評価はどうでしたか?

バウハウジャーブルー講評のとき、教授陣に実際にパネルから顔を出していただいたのですが、「楽しかった」という言葉を頂きました。評価というよりその感想だったのが印象に残っています。来場者からは「ヤバい」「好き」という感想をよく聞きました。また「勇気がすごい」と絶賛してくださる方、「私メガネは受け派だから無理」という腐女子目線な感想をくださった方もいました。ちなみに自分の耳に入った中で一番人気のカップリングは机の上に座ってキスをしている二人です。


BL顔出しパネル 一番人気のシチュエーション「机でキス」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」