ニュース
» 2018年02月13日 20時27分 公開

仮想通貨580億円流出のコインチェック「補償のめどついた」 事業は継続、確認が済みしだい送金や売買も再開へ

13日より、ようやく日本円での出金を再開しています。

[ねとらぼ]

 仮想通貨取引サイト「Coincheck」を運営するコインチェックは2月13日、流出騒動後初となる会見を開き、今後も事業を継続していく意思をあらためて表明しました。流出したNEMの補償についても「ある程度のめどがついた」としており、具体的な時期についても確定した段階であらためて報告するとしています。


コインチェック 会見 会見に応じる大塚雄介取締役(画像はニコニコ生放送より

 Coincheckを巡っては1月26日、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM(ネム)」580億円分の流出が発覚。本日(2月13日)ようやく日本円の出金を再開しましたが、現在も大部分の取引機能は制限されたままとなっています。


コインチェック 会見 流出した仮想通貨「NEM」

 会見に臨んだ取締役の大塚雄介氏によれば、今後については「継続して事業をさせていただくよう、一歩一歩改善を進めている」とのこと。金融庁から業務改善命令を受けていたことについても、同日金融庁に対し報告書を提出したと報告。日本円での出金再開についても、13日だけで既に401億円の出金が行われていることを明らかにしました。

 流出したNEMについては、既に自己資金により補償を行うと発表していますが、これについても「ある程度のめどがついた」と報告。詳細な時期までは明らかにされなかったものの、「時期が確定したら報告する」と大塚氏。また現在も機能が制限されている仮想通貨の送金や売買については、現在外部のセキュリティ専門会社と確認を進めており、ネットワーク、システムなど全ての安全が確認できた段階で再開するとコメントしました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた