ニュース
» 2018年02月14日 08時00分 公開

Switchがなつかしの「任天堂VS.システム」風に 対戦ゲームをゲーセン気分で遊べるスタンドが登場

1980年代、スーパーなどでよく見た感じ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ゲームパーツメーカーのコロンバスサークルが、Nintendo Switchをアーケード筐体のように仕立てられる「対面型アーケードスタンド」を発表しました。オープン価格(希望小売価格:税込8964円)で、5月下旬発売予定。ファミコン世代にはドストライクな、「任天堂VS.システム」筐体風のデザインがなつかしすぎる。


筐体 30年ほど前、スーパーのゲームコーナーにこんなのあったなあ……

黒 ブラックバージョンもあります

 任天堂VS.システムは、任天堂がファミコンを応用して開発したアーケードゲーム基板。ファミコン用ゲームが多数移植され、なかには「VS.バルーンファイト」のように、オリジナル版にはない要素を備えたものもリリースされています。また、最大4人でプレイできる純正の対面型筐体もあり、「VS.テニス」ではダブルス対戦ができました。


VS.スーマリ VS.システムについては任天堂公式インタビュー「社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』」でも言及されています

 コロンバスサークルのSwitch用スタンドは、デザインが任天堂VS.システム用筐体とそっくり。Switch本体とジョイコン2個を2組セットすることで、対戦ゲームなどを向かい合って遊べます。


対面 ローカル通信対応ゲームを、ゲーセンの対戦台感覚で

セット 各部に通気口を配した、廃熱に配慮した設計。本体を収納したまま充電ができるよう、ケーブルの差し込み口も設けられています

 任天堂非公式の製品なので、スタンドの仕様に合わせてゲームがリリースされるわけではありませんが、2018年春発売予定の「マリオテニス エース」は最大で4人プレイに対応。細かい仕様は未発表ですが、もしローカル通信対戦に対応していたら、スタンドとの組み合わせで「VS.テニス」の感覚に近づけるかもしれません。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…