ニュース
» 2018年02月15日 20時00分 公開

本の取り寄せ用フォーマットを漫画家が設計・配布 注文の負担を軽減することで本を欲しい人に行き渡りやすく

フォーマットに沿って作家が自著の注文用情報を作ってネットに公開すれば、読者はそれを書店員にスマホで見せるだけで取り寄せができます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 書店で欲しい本が見つからないときは、店員に取り寄せを頼む手もありますが、注文にかかる手間は互いに煩わしいものです。その問題を解決できる、本の予約・取り寄せ用フォーマットがTwitterで公開されました。設計したのは、ねとらぼでも『四十七大戦』を出張連載している漫画家の一二三(@hifumix_0123)さん。


紹介漫画 漫画形式で経緯やメリットを説明

 一二三さんはまず漫画形式で、読者は書店で欲しい本が手に入らず、作家は著書の発行部数が少なくて一部の書店にしか行き渡らせられないといった出版界の状況を説明。「店頭で買えなかった読者が通販を利用することで書店が減少し、欲しい人が本をさらに買えなくなる」といった事象を、出版不況の原因の1つである「流通ミスマッチ」として問題提起しています。

 そこで設計し、無償で公開したのがこのフォーマット。作家が自著のISBNコードなどを書き込んでネットで配布すれば、読者はそれをスマートフォンで店員に見せるだけで、スムーズに注文できます。タイトルや作者名等が正確に伝えられるので、店員が混乱することもありません。


フォーマット フォーマット

記入例 記入例

補足 記入項目の細かい解説

 「読者の負担を減らすために、作家さんに使ってほしい」と一二三さん。なお、通販を悪として捉えているわけではなく、予約や読者の開拓を担う役割として書店が機能しにくい状況で、告知の不備で熱心な読者すら取りこぼすことを防ぐのが主な目的だと述べています。


 ツイートには、書店員や出版関係者から好評のリプライが多数。書店ではアバウトな注文をする人も少なくないようで、「ISBNコードだけでも伝えてもらえると助かる」といった声が目立ちます。


 ツイートが拡散されたのち、フォーマットを利用して自著の告知を行う作家や漫画家が少しずつ現れてきています。一二三さん自身も新刊の告知で実践。さらに、フォーマットに沿った告知を容易に生成できるWebツールまで、有志により開発されました。こうして本の取り寄せが広まって流通が活性化すれば、読者にも作家にも有益になるのではないでしょうか。


画像提供:一二三(@hifumix_0123)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」