ニュース
» 2018年02月16日 12時06分 公開

タニタ、バーチャロン対応ツインスティック開発へ 社長のゲーム愛が異色のプロジェクトに発展

社長がバーチャロンの大ファンだったことから、セガと交流してきた経緯がありました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2月15日、セガの「バーチャロン」シリーズ最新作「電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機」が発売。これに合わせて、タニタが同作に対応するツインスティックの開発プロジェクトを発表しました。タニタ製専用コントローラー出るー!?



イメージ 楽しみっ

 同シリーズはもともとアーケードゲームで、2本の操縦桿(かん)で操作する専用筐体が大きな特徴。両方を前に倒して前進、互い違いに倒して旋回、外側に倒してジャンプなど、愛機を操縦する雰囲気を存分に味わえます。コンシューマー用にも、アーケード版と同じ感覚が味わえる専用コントローラーが発売されていました。


ホリスティック ホリから発売されていたXbox360用ツインスティック(画像はAmazon.co.jpより)

 そんなファン必須アイテムが、今度は最新作に合わせてタニタから。体重計などの計測器メーカーがなぜ……となるところですが、実は同社の代表取締役社長・谷田千里氏は同シリーズの大ファン。セガ公式アカウントが2017年11月11日に日付をスティックの形に見立てて「今日はツインスティックの日」とツイートしたとき、触発されて「オラトリオ・タングラム」(シリーズ2作目、通称「オラタン」)をハードごと会社に持ち込むほどです。



 その日タニタでは社内オラタン大会が開催。同社がTwitterで告知すると、セガ公式アカウントが興味を持ち、タニタへ招かれて大会に参加するという不思議な交流まで生まれています。さらに1月22日にはセガvsタニタによる5on5の「新春バーチャロン大会」も開かれる事態に。



 バーチャロン愛あふれる社長が率いる会社のツインスティックプロジェクト。それだけに、エキサイトしてもスティックの台座がズレないような、快適な仕上がりに期待したいところ。まさかとは思いますが、スティック部分に体脂肪計を仕込んだりとか……ないですよね。


「ゲームで楽しく遊ぶことは健康につながります」と、谷田社長からありがたいお言葉

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響