ニュース
» 2018年02月18日 15時00分 公開

カルビーの“地元の味”ポテチに第3弾 福井の水ようかん・島根の出雲ぜんざいなど甘味までカバー

新潟県の「かんずり味」や山梨県の「せいだのたまじ味」など、県外ではなじみのない味も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カルビーの「ラブジャパン」プロジェクトによる、「47都道府県の地元ならではの味」ポテトチップスの第3弾が発表。2月19日から14種類が各地域で販売されます。今回は福井県の「水ようかん味」や島根県の「出雲ぜんざい味」、高知県の「芋けんぴ味」と、和菓子までフィーチャー。けっこう攻めましたね?


福井島根 アンコ系が2種類

高知 本来サツマイモで作る菓子の味を、ジャガイモの菓子で再現する不思議

 もちろん甘味ばかりでなく、北海道の「昆布しお味」や静岡県の「浜松餃子味」など、スナック菓子らしい「ご当地の味」も豊富。新潟県の「かんずり味」(トウガラシの塩漬けを熟成した調味料)や、山梨県の「せいだのたまじ味」(小さなじゃがいもにミソ・砂糖・油を加えて煮詰める郷土料理)のように県外ではなじみのない味もあり、興味が引かれます。


北海道長野 北海道は「昆布しお味」、長野県は「キムたくごはん味」(キムチ・たくあん・豚肉の炒め物をごはんと混ぜた学校給食の人気メニュー)

新潟山梨 新潟県の「かんずり味」と山梨県の「せいだのたまじ味」

静岡奈良 静岡県の「浜松餃子味」と奈良県の「柿の葉すし味」

和歌山広島 和歌山県の「はちみつ×南高梅味」と広島県の「牡蠣のバター焼き味」

福岡熊本 福岡県の「ごぼう天うどん味」と熊本県の「高菜炒め味」

沖縄 沖縄県は「中味汁(なかみじる)味」。ブタのモツをカツオの濃いダシで煮込んだ琉球料理を再現しています

 発売に合わせて、Twitter連動型のプレゼントキャンペーンも実施。公式アカウントをフォローのうえ、公式サイトから好きな味をツイートすると、抽選で第3弾14品の詰め合わせが当たります。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」