ニュース
» 2018年02月19日 23時33分 公開

ドラクエファンの心を掴むブラウニー! 妹さんが作った「ドラクエのお菓子」を仲間にしたい

「たべてあげますか?」「はい・いいえ」

[宮原れい,ねとらぼ]

 ドラクエファンが思わず「すごい!」または「仲間にしたい!」と叫びたくなるようなお菓子が作られTwitterで人気を集めています。いろんな意味でうまいブラウニー!



 「ドラゴンクエストV」(以下「ドラクエ5」)から登場するモンスター「ブラウニー」をクリームでデコレーションしたケーキで見事に表現していて、さらに手に持つ巨大な木づちをチョコレートケーキの“ブラウニー”にポッキーをさし込んで再現。お皿の上においしそうでかわいいブラウニーがあらわれました!

 加えて「なんと ブラウニーが おきあがり たべてほしそうに こちらをみている! たべてあげますか?」というメッセージウィンドウと「はい・いいえ」の画面表示までも、食べられるチョコ文字で再現するという凝りっぷり。食べるのがもったいなくて“いいえ”を選びたくなるやつだ……。


ドラクエ お菓子 ブラウニー ベビーパンサー ケーキ 再現 すごい! そしてとってもかわいい!

 この作品への愛を感じるブラウニーは、投稿したうさ吉(@kitamoto_nikki)さんの妹さんが旦那さんへのバレンタインプレゼントとして2016年に作ったもの。今年は同じく「ドラクエ5」に登場する、みんなの思い出のモンスター「ベビーパンサー」を作っています。

 ドラクエが大好きなお2人。お兄さんのうさ吉さんは中でも「ドラクエ5」が一番好きで、妹さんも全クリ経験はないもののいくつかのタイトルで遊んでいて、一番やりこんだ「ドラクエ5」には思い入れがあるとのこと。それが分かるのが今年の「ベビーパンサー」ケーキのお皿に添えられた“ビアンカのリボン”。プレイした当時は「なにかを思い出そうとしている」キラーパンサーと再会した際にリボンを持っておらず、同時にそれに気付いて攻撃することも耐えられずにリセット(※ひきょうな気がすると“逃げる”は選択したことがなかったそうです)。このとき、ビアンカのリボンが大切なものだと強く印象付いた結果が、お皿のリボンにつながっているようでした。

 なお妹さんは同作のラストまで到達したそうなのですが、弟さんにデータを飛ばされて意気消沈。うさ吉さんいわく、SFCが衝撃を受けたのと同時に妹さんも「ぬわーーっっ!!」と例の断末魔を叫んだそうな。これが痛恨の一撃というやつか……。


ドラクエ お菓子 ブラウニー ベビーパンサー ケーキ 再現 ベビーパンサーの完成度もさることながら、添えられたリボンに感動を覚える……!

 ブラウニーのお菓子はたまたまケーキの「ブラウニー」のレシピを検索していて出てきた「ドラクエのブラウニー」に触発されて作り始め、まねただけでは面白くないと「メッセージウィンドウ/はい・いいえ」のアイデアを追加したという妹さん。また実際に作る際は、お子さんがいて自分では焼けないため土台は市販のロールケーキを使い、そこに生クリームやチョコでモンスターの体や顔を表現しています。ちなみに「たべてあげますか?」までの文字は子供の世話をしながらだったため1日10文字書くのが限界で、数日かけて完成させたとのことです。あのキレイな字はその努力のたまものだったのか……!


ドラクエ お菓子 ブラウニー ベビーパンサー ケーキ 再現 ちなみに妹さんは「チロル」派だったとのことで、Twitterで話題になったことを知って「チロルチョコでも横に置いておけばよかったかな」と話しているそうです

 今回投稿したきっかけは、たまにうさ吉さんと近況報告やドラクエの話などをしていた妹さんが今月、うれしそうに「見せたいものがあるんだ」とスマホでブラウニーの写真を見せたことから。そのすごい完成度に「奴隷生活からの解放とオラクルベリーがよみがえる」と懐かしさを覚えたうさ吉さんは、また「Twitterにアップしてほしそうにこちらをみている。アップしますか?」といわれているように本気で思い、全国のドラクエファンの反応も見たいという思いもあったことから、Twitterをやっていない妹さんの代わりに投稿したそうです。

 なおその後、妹さんにTwitterでの反応を共有したところ、「自分の作ったものに対してこんなに反響が出るなんてうれしい」と話しているとのことでした。

 コメントでは「ステキです」「すごいかわいい!」「とんでもねぇクオリティーだ」と驚くのと同時に称賛の声が続々と寄せられ、「もったいなくて食べれない」と、食べるより「仲間にします」といった声が多く上がる人気となっています。



画像提供:うさ吉(@kitamoto_nikki)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声