ニュース
» 2018年02月20日 21時00分 公開

なんだこの感動! ファービー44体を組み込んだ改造楽器「ファービーオルガン」のインパクトがすごい

心なしかファービーもうれしそうに見える。

[ひーこ,ねとらぼ]

 鍵盤を押すことでファービーを歌わせることができる改造楽器「ファービーオルガン」を演奏する動画がYouTubeに公開されています。

 日本でも大流行したおもちゃ、ファービー。自宅の押入れに眠っているという人も多いのではないでしょうか。ロンドンを拠点に活動するアーティスト・Sam Battleさんはそんなファービーたちを、楽器へと生まれ変わらせてしまったのです。


イメージ図の画像 構想していたイメージがこちら

 SamさんはeBayやチャリティーショップなどで計44体のファービーをかき集め、「ファービーオルガン」を作成しました。お披露目された完成品は、ノートに書いていた構想イメージほぼそのまま。Samさんも得意げに両手の親指を立てます。


お披露目の画像 ドヤァ

 いよいよ演奏です。ファービーオルガン本体のスイッチを入れるとファービーたちも起動し、スタンバイ完了。この時点でファービー達は思い思いにおしゃべりを始め、すでにカオスな状況。チューニングを済ませたSamさんが鍵盤を押さえると、ファービーの声が合唱のように響き始めました。途中でドラムの音も追加すると、あれ、なんだか癖になるハーモニー……。


演奏する画像 騒がしいのもファービーらしさ

 演奏の傍ら、ファービーを改造していく様子を映した映像が流れていきます。ファービー1体1体にそれぞれ音を組み込んでいく作業を44体分……。動画説明欄にも「膨大な時間がかかった、はぁ……」と書いてありますが、気が遠くなる工程ですね。


ファービーを改造する画像 その努力を讃えたい!

 Samさんは他にもたくさんの改造楽器を作成しており、ゲームボーイを使ってカスタマイズしたモジュラーシンセの動画などが公開されています。動画はYouTubeチャンネル「LOOK MUM NO COMPUTER」で見ることができます。

ひーこ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」