ニュース
» 2018年02月22日 20時00分 公開

うほほー、やっぱりすごいデザイン! 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から(1/2 ページ)

日本車離れしてます。【写真42枚】

[アサノユウキ,ねとらぼ]

 光岡自動車は2月22日、クラシカルデザインの新型オープンカー「ヒミコ(Himiko)」を発表。2018年2月23日に発売します。

photo 新型「ヒミコ」

 ヒミコは、先日までティーザーサイトで発表を予告していた新型車(関連記事)。ベース車はND型のマツダ・ロードスターです。しかし、ロングノーズとショートデッキスタイル、レトロなグリルと丸目4灯ライトなど、ベース車とは印象が全く違う、迫力のある外観となっています。同社はこのデザインを「1930年代のビンテージカーを現代の解釈で再構築したもの」と述べています。

photo ロングノーズとショートデッキスタイルが特長。全長は4580ミリ。全高が低いので長く見えるが、長さと幅は現行プリウスと同じくらい
photo (参考)先代ヒミコ こちらはNC型ロードスターがベース

 車名形式は「マツダ・DBA-ND5RC改」。エンジンは1.5リッター直列4気筒のマツダ「P5-VP[RS]」型(5速MT車の場合)で、最大出力は131馬力、最大トルクは15.3kgf-m。6速AT車はマツダの減速エネルギー回生機構である「iELOOP」とアイドリングストップ機能「i-stop」も備えます。これらはND型ロードスターと同じです。

 車体サイズは4580(全長)×1740(全幅)×1235(全高)ミリ、ホイールベースは2910ミリ。カラーバリエーションはエターナルブルーマイカ、アークティックホワイト、セラミックメタリック、ジェットブラックマイカ、パッションレッドメタリック、マシーングレープレミアムメタリック、スノーフレイクホワイトパールマイカと豊富に用意します。

 価格はベーシックグレードの「S(6MT)」で461万円(税別、以下同)から。Sをベースにナビゲーションシステムやセンサー付きワイパー、オートライトなどの快適装備を備えた「S Special Package」(MT:489万円から、AT:504万円から)、車線逸脱警報システムやブラインドスポットモニタリングシステムなどの安全走行支援機能も備えた「S Leather Package」と特別仕様車の「RED TOP」(MT:542万円から、AT:554万円から)も用意します。

photo
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む