ニュース
» 2018年02月22日 20時00分 公開

うほほー、やっぱりすごいデザイン! 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から(1/2 ページ)

日本車離れしてます。【写真42枚】

[アサノユウキ,ねとらぼ]

 光岡自動車は2月22日、クラシカルデザインの新型オープンカー「ヒミコ(Himiko)」を発表。2018年2月23日に発売します。

photo 新型「ヒミコ」

 ヒミコは、先日までティーザーサイトで発表を予告していた新型車(関連記事)。ベース車はND型のマツダ・ロードスターです。しかし、ロングノーズとショートデッキスタイル、レトロなグリルと丸目4灯ライトなど、ベース車とは印象が全く違う、迫力のある外観となっています。同社はこのデザインを「1930年代のビンテージカーを現代の解釈で再構築したもの」と述べています。

photo ロングノーズとショートデッキスタイルが特長。全長は4580ミリ。全高が低いので長く見えるが、長さと幅は現行プリウスと同じくらい
photo (参考)先代ヒミコ こちらはNC型ロードスターがベース

 車名形式は「マツダ・DBA-ND5RC改」。エンジンは1.5リッター直列4気筒のマツダ「P5-VP[RS]」型(5速MT車の場合)で、最大出力は131馬力、最大トルクは15.3kgf-m。6速AT車はマツダの減速エネルギー回生機構である「iELOOP」とアイドリングストップ機能「i-stop」も備えます。これらはND型ロードスターと同じです。

 車体サイズは4580(全長)×1740(全幅)×1235(全高)ミリ、ホイールベースは2910ミリ。カラーバリエーションはエターナルブルーマイカ、アークティックホワイト、セラミックメタリック、ジェットブラックマイカ、パッションレッドメタリック、マシーングレープレミアムメタリック、スノーフレイクホワイトパールマイカと豊富に用意します。

 価格はベーシックグレードの「S(6MT)」で461万円(税別、以下同)から。Sをベースにナビゲーションシステムやセンサー付きワイパー、オートライトなどの快適装備を備えた「S Special Package」(MT:489万円から、AT:504万円から)、車線逸脱警報システムやブラインドスポットモニタリングシステムなどの安全走行支援機能も備えた「S Leather Package」と特別仕様車の「RED TOP」(MT:542万円から、AT:554万円から)も用意します。

photo
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10