ニュース
» 2018年02月25日 21時50分 公開

入国審査シミュレーション「Papers, Please」短編実写映画が日本字幕対応で無料配信開始 原作の魅力を約11分に凝縮

みんな大好き「パスポート偽造おじさん」も。

[Minoru Umise,AUTOMATON]
AUTOMATON


「Papers Please」短編実写映画,

 KINODOM Productionsは本日2月25日、「Papers, Please」の実写映画「PAPERS, PLEASE - The Short Film」を無料配信開始した。YouTubeおよびSteamで視聴することができる。解像度は最大4Kに対応し、日本語字幕にも対応している。


「Papers Please」短編実写映画,

 「PAPERS, PLEASE - The Short Film」は、2013年に発売されたゲーム「Papers, Please」をベースとした実写映画だ。「Papers, Please」は、入国審査シミュレーションゲーム。プレイヤーは架空の共産主義国家「アルストツカ」にて入国者を審査する管理官となり、提出された申請書類が正しいかをチェックしていく。入国者を審査するという独自のコンセプトを遊びに落とし込んだゲームデザインや、仕事の手際や入国者を通すかどうかの判断で幅広く分岐するシナリオが好評を博し、スマッシュヒットを記録した。

 「PAPERS, PLEASE - The Short Film」は同作を手掛けたLucas Pope氏公認の映画となっており、シナリオの執筆にも参加している。ディレクションはNikita Ordynskiy氏が、プロデュースはLiliya Tkach氏が担当している。時間は約11分と短いものの、原作ゲームにおける魅力が凝縮されている。シナリオやサウンドのほかにも、主演を務めるIgor Savochkin氏の演技も見どころの1つ。原作ファンも、そうでない方も満足できる短編実写映画であるといえるだろう。また映画の公開にあわせて、Steam版がセールを実施中。半額の490円でゲームを購入できる。



 日本国内在住のクリエイターとしても知られる原作者のLucas Pope氏は、人々が突然消えたとされる謎の商船Obra Dinn号を、時をさかのぼり調査するアドベンチャー「Return of the Obra Dinn」を開発中。長きにわたり制作が続けられており、こちらの続報も待たれるところだ。




関連記事


Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」