ニュース
» 2018年02月26日 05時00分 公開

1日があっという間に過ぎそう……! ジャンプ50年分のほとんどが読める「ジャンプ図書館」が六本木に期間限定でオープン

重さにすると約1.4トンのジャンプが無料で読めます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 『週刊少年ジャンプ』創刊50周年を記念した展覧会「週刊少年ジャンプ展」の第2弾が3月19日から森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)で開催されますが(関連記事)、それに先行する形で3月15日から同誌の50年分のほとんどが読める「ジャンプ図書館」が「ヒルズ カフェ/スペース」(六本木ヒルズ ヒルサイド2階)にオープンします。


ジャンプ図書館 週刊少年ジャンプ 無料 ジャンプ展 ジャンプ図書館イメージ

 ジャンプ図書館は、創刊号〜2018年14号(3月5日発売号)までに発行された2406冊もの『週刊少年ジャンプ』のほとんどが入場無料で読める、まさにファンにとっては夢のような空間です。あっという間に時間が過ぎそう……!

※一部抜けている号があります

 机・椅子や内装までも『週刊少年ジャンプ』で作られ、ジャンプロゴのラテアートを施したカフェラテなどのコラボドリンクも用意(※飲食代は別途必要)。また週刊少年ジャンプLINE公式アカウントを友だち追加して入館すると、LINE Beaconの機能と連動した来場者限定の特別画像がプレゼントされます。開催期間は3月26日まで。


ジャンプ図書館 週刊少年ジャンプ 無料 ジャンプ展ジャンプ図書館 週刊少年ジャンプ 無料 ジャンプ展 ジャンプ図書館の壁面イメージ(画像右)

 開催を記念して『週刊少年ジャンプ』50年のトリビアを数字的な視点から発表しており、全2406冊を重さに換算すると総重量は約1.4トン、積み上げると高さは約60メートルになるとのこと。また創刊号〜2018年13号までの総合計発行部数は75億部以上です。

 他にもジャンプに登場する主人公の初回登場年齢幅は2歳(『べるぜバブ』のベル坊)〜200億歳(『ついでにとんちんかん』の間抜作・自称)、一番長いキャラクターの名前は規格外の192字(『銀魂』の「(※前略)ビチグソ丸」)、表紙の登場回数が一番多いキャラクターは『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィの計336回などのトリビアが。図書館内にはジャンプにまつわる知識がまだまだ詰め込まれているとのことです。


ジャンプ図書館 週刊少年ジャンプ 無料 ジャンプ展 「週刊少年ジャンプ展」第3弾の公式ビジュアル

 そして創刊記念月間の7月には「週刊少年ジャンプ展」の第3弾が開催。長く続くビックタイトルから現在連載中の作品まで、2000年代の飛躍が見られる、さまざまな趣向をこらした展示が予定されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ