ニュース
» 2018年02月28日 14時21分 公開

漫画『あいまいみー』最新回が衝撃の展開 作者の自宅がリアル炎上 → 詳細を聞いたら本当に大変だった

燃えたのは裏庭の樹木。人や家屋が無事で本当によかった。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 漫画サイト「まんがライフWIN」で連載中の、『あいまいみー』が大変です。2月更新分の103話が始まるなり、「作者のちょぼらうにょぽみ先生宅が火事の真っただ中」という衝撃の展開。自由すぎる作風のせいでネット炎上したこともある同作ですが、まさかのリアル炎上……!



1P 壮絶なスタート

 原稿の進捗状況を聞く電話に対し、「それどころじゃねーから!!! 今うち燃えてっから!!!!」と、裏庭が燃えている状況を律儀に伝える作者。律儀つながりで「東日本大震災のときも真っ先にレンタルDVDを返しに行った話」を語られ、担当さんも困惑している様子です。まず、それどころじゃない。


2P 火事の最中に話が脱線

 炎は周囲の木へ燃え広がり、やむなく一部の木をチェーンソーで切り倒す作者。3時間に渡る消火活動でひとまず鎮火したものの、くすぶっていた火がまた出て、再び消火に追われるのでした。


3P 「良い意味で火を点けたいから」と、火事よけのお守りを買っていなかった

4P ゲーセンへ遊びに行っていた家族は、帰るなり焦げた裏庭を見て動揺していたのだとか

 火事はどうにか収まったものの、作者は疲労困憊。結局、「腰が痛いので」と減ページになった理由を説明し、漫画は終わるのでした。災難な話とはいえ、ギャグ漫画ゆえどこまで事実なのかと混乱する読者もいたのですが、作者は自身のTwitterで焼け跡の写真を証拠として公開しています。



 ねとらぼ編集部がちょぼらうにょぽみ先生に詳細を聞いたところ、母親のたき火が火事の原因だったとのこと。落ち葉に引火して裏庭が火の海となって数本の木が焼けこげ、激しく燃えていた1本は漫画の通り切り倒したのだそうです。

 作中ではあいまいに描かれていましたが、消防車は呼んだつもりが、誰も呼んでいなかったと衝撃の事実が。しかも、仮に呼んでいたとしても近隣に消火栓はなく、道も狭いので車は入ってこられない状態。自治体に道を広くするよう、お願いしていたところだったそうです。そんな状況で消火活動を手伝ってくれた隣人には、感謝するばかり。

 報告を受けたまんがライフWIN編集部の担当者は、「長いこと編集者をやっていますが、火事になった人は初めてです」との反応。2月掲載分については「事態が事態なので」と減ページにしてくれたのですが、ちょぼらう先生は「普通ならお休みもらえるんじゃないかな?」とむしろムカついたそうです。た、確かに……。

 最後に「みなさんも炎上はネットの中だけで済むよう注意してほしいなと思います」とちょぼらう先生。Twitterでは、心配をかけた読者に謝罪と感謝を述べつつ、飼い犬とハムスターのなごむ動画を投稿しています。何はともあれ、人や家屋にまで被害が出なくて本当によかったですね。



(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響