ミステリ好きが早口で語る! ドラマ「アンナチュラル」の面白さ(5〜7話)(1/3 ページ)

ここからがクライマックス。

» 2018年03月02日 12時00分 公開

 「2018年を代表する傑作」との呼び声も高い金曜ドラマ「アンナチュラル」(TBS)。前編に引き続き、ミステリ好きの赤いシャムネコさんにその魅力を語ってもらいました。後編は第5話〜第7話のレビューです。



5話「死の報復」

 話数としても、内容としても、シリーズの大きな折り返しポイントです。

 5話では、溺死した恋人が「自殺」か「事故」か、それとも「他殺」か――を突き止めてほしいという依頼がUDIに飛びこみます。ところが実は家族への許可を得ておらず、依頼主の青年が遺体を盗んできたということが判明。青年の恋人に対する真っすぐすぎる思いと、「どうしても謎を解きたい」という強い意志が浮かび上がってきます。

 それが、4話のラストから5話冒頭にかけて明かされる中堂さんの過去に重なります。中堂さんも青年と同様、恋人を亡くしていて、死の真相をいまだに探っている。そんな中堂さんが「今解き明かされなかったら、死の真実は永遠に分からなくなってしまう」というシリーズを通した重要なキーワードを口にします。

 冷静に見てみると、5話の中堂さんはやや過剰なくらい協力的です。でも視聴者は中堂さんの過去を知ってしまったから、「青年と自分と重ね合わせて、救ってあげたいと思っているんだ」と納得させられて、彼の暴走気味なところも受け止めてしまう。しかも中盤、UDIの面々が中堂さんの部屋を訪れ、みんなで調べものをするような「仲間感」を出したシーンがあるので、中堂さんに視聴者は感情移入するんですね。

 ただ、そんな巧妙なストーリー展開で覆い隠されていたのは、「中堂さんはなんのために自分の恋人の死を捜査しているのか」。ミコトはこれまで「人の死の謎を解く=生きる人のため」という行動理念で動いていましたから、視聴者は「中堂さんもきっとそうなのだろう」といつの間にか思い込んでいる。だからこそ、ラストの中堂さんの行動に衝撃を受けるんです。



 5話のラスト、雪の中で人々がたたずむシーンは、シリーズきっての美しいカットでした。みなが傘を差している中で、中堂さんと“犯人”だけが傘を差さずに雪を浴びている。それはつまり、彼らはミコトたちとは違うものを見ている――というのを、言葉で説明せずに描いているというわけです。

 ちなみに小道具的に入れられている「死後画像診断(AI)」は、海堂尊先生が「バチスタ」シリーズを通して描き続けているテーマです。脚本の野木さんのTwitterによると、「死後画像診断メインの回を作りたかったけど入らなかったので、5話に入れた」とのこと。それだけでメインを張れるようなネタを、さらっと効果的な小道具として扱うところに、脚本家の力量を感じました。

 そしてどうしても触れておきたい、米津玄師さんによる主題歌「Lemon」。毎度毎度「事件が決着した」計算されつくしたタイミングで流れますが、5話で初めて歌詞が中堂さんの心情に重なってくる。「これは中堂さんのキャラソンだったのか……」と震える名曲です。

編集担当からのどうしても言いたいひとこと

 「大事な人の復讐」×「金魚」というキーワードを見ると、どうしても思い出してしまうのは「ケイゾク」の真山刑事。何もない部屋にポツンと置いてある水槽で金魚を飼っている真山刑事は、いろんな人の萌えど真ん中を撃ち抜きました。中堂さんの部屋も“何もない系”でしたが、それでも最低限の生活をしている感じがあってよかった。真山も「Lemon」をキャラソンにできる男だと思います。


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評