地雷を探して15年 マインスイーパ日本最速プレイヤーが挑む“思考のスピードを超越した戦い”(2/4 ページ)

» 2018年03月03日 11時00分 公開
[マッハ・キショ松ねとらぼ]

日本人初となるマインスイーパ界の「100メートル走9秒台」

―― マインスイーパを始めたきっかけは?

 母親が遊んでいるのを見たのがきっかけでした。初プレイは小学生のころで、2003〜4年くらい。

―― 入り口は、よくある感じなんですね。やっぱり、お母様はうまいんですか?

 いえ、普通です。今はスパイダーソリティアにハマってるみたいです。

―― あ、本当に普通のWindowsユーザーだ……! 

 ですが、私はそこから現在まで、休憩期間を挟みながらも14〜15年間、マインスイーパをやっていて、中学卒業ごろまでには上級で100秒を切れるようになっていた覚えがあります。

 世界ランキングに参戦したのは、上級でsub50(※)が出るようになった2013年。翌年には「日本人初のsub40達成」という目標を立てて、頑張っていました。大げさかもしれませんが、sub40は陸上競技に例えると「100メートル走9秒台」のようなもので、TAプレイヤーにとっては実力の証となる節目の記録。昔は、ネット上に「人間には不可能なタイム」とうわさされていたような記憶があります。


以前、Wikipediaの「マインスイーパ」の項目には、数年間にわたって上級sub40の記録に関するチート疑惑が掲載されていました(画像は2013年3月22日分の編集履歴)

※ 広義では、sub○○は「○○秒未満」の意。しかし、Windowsに付属していたマインスイーパでは、タイムカウントが0ではなく1から始まるため、「実際のタイム+1秒」で表示されており、この名残からsub50は50秒未満ではなく、49秒未満(Win版で50秒未満として表示されるタイム)を意味する場合も。よわぽんさんは、後者で使用している。

 当時は、私よりも上位の日本人世界ランカーがいて、その人の記録は41秒台以下だったと思います。対して、私は44秒台。このころは毎日2〜3時間プレイして「今は負けてるけど、何とかして自分が先にsub40を取るぞ!」と頑張っていました。

 そして、2015年のある日、私はついに38秒台クリア……。

―― お、いけたんですか!?

 いえ、「38秒台クリアまで残り2マス」というところまでいったんです。片方に地雷があることは明らかだったんですが、盤面の数字ではどちらのマスなのか特定できませんでした。

 いつもはこういう運任せの状況になったら、すぐに不確定なマスをつぶします。いくら考えても分からない以上、悩むだけムダですから。でも、このときはよりにもよって最後に出てしまって。

―― 50%の確率で日本人初の大記録達成、もう50%で地雷という……。

 それで悪い方を引き当てて、ドカンと。絶望しました。さすがに泣きましたよ。


右上の2マスが「日本初記録 or Die」という極限の2択に

 幸い、翌日には気持ちを立て直すことができて「めげずにプレイを続けて、もっと良い記録出すぞ! 絶対出してやるぞ!」とプレイ再開しました。

―― アツいエピソードですね。漫画だったら、この挫折をバネに長く険しいマインスイーパの戦いが始まりそうな……。

 しかし、実際には1週間もたたないうちに38.15秒が出てしまって(笑)。

―― 何なんですか、その急展開!

 ガッツリ決意を固めた直後だったせいで、このときは何だかうまく喜べませんでした。

 その後もコツコツ練習を続けていたら、2016年には36.52秒、35.85秒、32.59秒と日本記録を1カ月間で立て続けに更新。最後に出した記録が、現在のハイスコアです。

―― 流れが早過ぎて、これはこれで漫画みたいな話ですね。

世界トッププレイヤーの「誰にもマネできない0.0何秒を削るテクニック」

―― マインスイーパTAの世界ランキングとは、どのようなものなんですか?

 正式な国際団体があるわけではないのですが、全世界のプレイヤーによるTAランキングが掲載されている「Authoritative Minesweeper」というサイトが、コミュニティーとして機能しています。有志が申請記録のチェックなどを行い、草の根的に運営されている感じですね。

 チート防止のためか、本名を出す必要がありますが、プレイヤー登録自体は誰でもできます。ただ、初級、中級、上級の最速クリアタイムの合計が100秒を切らないと、世界ランキングに載せてもらえません。初級2〜5秒、中級20秒台、上級70秒台くらいの実力が必要になると思います。

―― そのレベルで、やっとエントリーですか。


世界ランキングがある「Authoritative Minesweeper」。よわぽんさんによれば、「minesweeper.info」というURLから通称「MSinfo」


世界ランキング末尾でも、このクリアタイム。足切りを突破するだけでも難関です

 現在、この世界ランキングには約1400人が掲載されていて、トップに君臨しているのはKamil Muranskiさん(ポーランド)。ギネス世界記録にも登録されている人物です。

 彼の現在の記録は38.65秒。これは上級単独ではなく、初〜上級の合計最速タイムです。

―― 「上級sub40=100メートル走9秒台みたいなもの」という話がありましたが、全部合わせてsub40ですか!

 KamilさんはもはやTA界のレジェンドのような存在ですね。アイテム面でも影響が大きく、彼はロジクールの「MX516」というゲーミングマウスを使っていたらしいのですが、これと系統が近い「G400」「G402S」を採用しているトッププレイヤーは少なくありません。

 私も「G400」を含むゲーミングマウスを10種くらい買って、使用感を確かめたことがあります。最終的にはROCCAT社の「Kone Pure」というものに落ち着きましたが。


世界第1位・kamilさんのプロフィールページ。ちなみに、マインスイーパを始めた理由は「暇だったから」。ありがちなスタート地点ですが、ここからTAの高みへと登り詰めたようです

2014年7月23日、38.653秒(初〜上級合計)でギネス世界記録を達成。なお、この前の記録保持者もKamilさん本人
YouTube上には、プレイ姿が確認できる動画も

 マインスイーパはもともと欧米圏で人気があったようなのですが、近年は中国がメキメキと頭角を現していて、世界第2位は同国のプレイヤー・Weijia Guoさん(3種合計41.75秒)。私は現在、世界ランキング3位(3種合計42.26秒)ですが、このお2人は本当にすごいと思います。

 一例を挙げますと、Weijiaさんには“彼にしか使えないテクニック”があるんですよ。

―― というのは?

 マインスイーパでは「左クリックでマスが開く」と認識している人が多いかもしれませんが、より正確に言うと、左ボタンを押したときではなく、離したときにマスが開きます。だから、事前に押しておいてからカーソルを動かし、任意のマスで離すようにすると「押す → 離す」という工程が「離す」だけになり、1回あたり0.0何秒の短縮になります。

―― もしかして今「脳からの電気信号で指が動くまでの時間がもったいない」みたいな話してます?

 でも、ちりも積もれば山となるというやつで、上級で繰り返し使えば1秒くらいタイムが良くなる可能性があります。

―― これのどこが難しいんですか? ちょっと気を付ければ、誰でもできそうなものですが……。

 TA中、手では休みなくカーソルを動かしていますし、目では別の場所を見て、次に開くマスを探しています。そうやってフル回転しているときに、長年かけて体に刷り込んできた動作を改めるというのは、とても難しいことなんだと思います。私はもう、このテクニックを自分のものにすることは諦めています。無理なことをしてまごついてしまう方が、タイムロスになりますから。

 ただし、フォローのために言っておくと、Weijiaさんのような強豪はこのようなテクニックを使わなくても良い記録が出ます。本当に強い人って、基礎的な能力がズバ抜けていて「ただ単純にうまい」「ただひたすらにすごい」みたいな感じなんですよね。プレイを見ていると、私でも頭が追いつかないことがあります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」