ニュース
» 2018年03月05日 20時00分 公開

もしも他人のウソが見えるようになったら……? 漫画「赤い嘘のある世界」に込められた真実とは

最後に少女がつぶやいた言葉がミステリアス。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 漫画家の園田ゆり(@sonoda_yuri)さんが、漫画「赤い嘘のある世界」をTwitterで公開しました。他人のウソを見破る能力を手に入れた少年の物語。結末がいく通りかに解釈できて味わい深いです。


1P

 孤独な少年・真壁は、なぜかウソをついている人間の目が赤く見える能力を手にします。教室を見回してみると、同級生の目はもれなく真っ赤でウソつきだらけ。そんなある日、彼は赤澤という少女から告白されます。しかし、「付き合ってくれない?」と言う彼女の目は、真壁には赤く見えるのでした。

 当然、真壁は彼女のウソを見抜き、罰ゲームだろうと即座に喝破。すると隠れていた仕掛け人たちがぞろぞろと登場し、空気を読めよとなじります。不快なワナにはめられかけた真壁は反撃へ。「恋人がいるフリ」「胸のサイズを盛っている」など、能力で知った同級生たちの秘密を暴き立てていきます。


2P

 図星を突かれた彼らは言い返せずに退散しますが、赤澤だけはその場に残って真壁に謝ります。そして、「告白はウソだけど、前から友だちになりたいとは思っていた」と明かす彼女の目は赤く見えず、言葉が真実であることを物語るのでした。


3P

 まっすぐな言葉に戸惑った真壁は、つい「お前らと群れるくらいなら孤独のほうがいい」と返答。しかし不意に鏡で見た自分の目は赤く、自分にもウソがつけないことに気付きます。ウソが見えるということは真実まで見えてしまう――自分の能力のやっかいさを知った彼は、深く落ち込んでしまうのでした。


4P

 赤澤が「真壁はもっと素直になればいいのに。あんなに目を真っ赤にしちゃってさ」とつぶやいて漫画は閉幕。言葉の意味は、「切迫した真壁の目が充血して赤く見えた」とも、「赤澤も同じ能力者だった」ともとれます。ツイートにも、どちらかの解釈をした感想が寄せられている様子。どう捉えるかは人それぞれですが、いずれにせよ真壁たちのその後へ想像がふくらむ、ステキなラストと言えるでしょう。

画像提供:園田ゆり(@sonoda_yuri)さん


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露