ニュース
» 2018年03月05日 20時00分 公開

もしも他人のウソが見えるようになったら……? 漫画「赤い嘘のある世界」に込められた真実とは

最後に少女がつぶやいた言葉がミステリアス。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 漫画家の園田ゆり(@sonoda_yuri)さんが、漫画「赤い嘘のある世界」をTwitterで公開しました。他人のウソを見破る能力を手に入れた少年の物語。結末がいく通りかに解釈できて味わい深いです。


1P

 孤独な少年・真壁は、なぜかウソをついている人間の目が赤く見える能力を手にします。教室を見回してみると、同級生の目はもれなく真っ赤でウソつきだらけ。そんなある日、彼は赤澤という少女から告白されます。しかし、「付き合ってくれない?」と言う彼女の目は、真壁には赤く見えるのでした。

 当然、真壁は彼女のウソを見抜き、罰ゲームだろうと即座に喝破。すると隠れていた仕掛け人たちがぞろぞろと登場し、空気を読めよとなじります。不快なワナにはめられかけた真壁は反撃へ。「恋人がいるフリ」「胸のサイズを盛っている」など、能力で知った同級生たちの秘密を暴き立てていきます。


2P

 図星を突かれた彼らは言い返せずに退散しますが、赤澤だけはその場に残って真壁に謝ります。そして、「告白はウソだけど、前から友だちになりたいとは思っていた」と明かす彼女の目は赤く見えず、言葉が真実であることを物語るのでした。


3P

 まっすぐな言葉に戸惑った真壁は、つい「お前らと群れるくらいなら孤独のほうがいい」と返答。しかし不意に鏡で見た自分の目は赤く、自分にもウソがつけないことに気付きます。ウソが見えるということは真実まで見えてしまう――自分の能力のやっかいさを知った彼は、深く落ち込んでしまうのでした。


4P

 赤澤が「真壁はもっと素直になればいいのに。あんなに目を真っ赤にしちゃってさ」とつぶやいて漫画は閉幕。言葉の意味は、「切迫した真壁の目が充血して赤く見えた」とも、「赤澤も同じ能力者だった」ともとれます。ツイートにも、どちらかの解釈をした感想が寄せられている様子。どう捉えるかは人それぞれですが、いずれにせよ真壁たちのその後へ想像がふくらむ、ステキなラストと言えるでしょう。

画像提供:園田ゆり(@sonoda_yuri)さん


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響