常識を覆す「投げ」の排除、徹底再現されたドラゴンボールの世界観―― 「ドラゴンボール ファイターズ」はいかにして最高の格闘ゲームになったのか(1/4 ページ)

これは究極のドラゴンボールゲーだ。

» 2018年03月15日 12時00分 公開
[イッコウねとらぼ]

 対戦格闘ゲーム「ドラゴンボール ファイターズ」が発売されたのは2月1日。同時期に発売された「モンスターハンター:ワールド」という絶対王者の陰に隠れてはいるが、ネット上のレビューでは絶賛されているゲームだ。筆者もこのゲームにハマった人間の1人だが、これまで大量の格闘ゲームをプレイしてきた自分でも、このゲームには明らかに過去に味わったことがない感動があった。

動画が取得できませんでした

 このゲームはただの良作ではない。通常の格闘ゲームにはない“ドラゴンボールっぽさ”のある駆け引き、「2.5D」と銘打たれたアニメのようなグラフィック、見ているだけでワクワクするeスポーツ界の盛り上がり、対戦なしでも楽しめるゲームバランスなど、オススメできるポイントは山のようにある。筆者の場合は発売日に購入したあと、「Bloodborne」がフリープレイで配信されるまで1カ月以上、他のゲームに一切触れず、「ドラゴンボール ファイターズ」をプレイし続けていたほどだ。

 「ドラゴンボール ファイターズ」の何がそんなにスゴイのか――まずは、「ドラゴンボール ファイターズ」がいかにしてドラゴンボールっぽさあふれる格闘ゲームになったのかについて解説したい。


DBFZ ドラゴンボール ファイターズ グラフィックも素晴らしいが、それだけではない

「通常投げ」排除によって生まれる「ドラゴンボールっぽさ」

 通常の格闘ゲームには“打撃はガードで防がれる、ガードは投げを防げない、投げは発生の早い打撃やリーチの長い打撃に返り討ちにされる”を軸にした「打撃」「ガード」「投げ」の“3すくみ”があり、「打撃」「ガード」の他に「通常投げ」と呼ばれる全キャラが使用できる投げ技が設定されている。格闘ゲームは、この3すくみによって駆け引きの奥深さを成立させているのだが、「ドラゴンボール ファイターズ」には通常投げが存在しない。そして、「通常投げ」の代わりに“ガード不能の打撃”に近いシステムである「ドラゴンラッシュ」を採用している。


DBFZ ドラゴンボール ファイターズ 通常投げの代わりに採用された「ドラゴンラッシュ」

 ドラゴンラッシュは、20〜30発の打撃を与えて相手を吹き飛ばすという全キャラ共通で出せる技。一見、通常投げとドラゴンラッシュを置き換えただけにも思えるが用途も若干異なる。「通常投げ」は基本的に「当てやすいがダメージは比較的少ない」といった特徴があるのに対し、ドラゴンラッシュには「発生が非常に遅く当てづらいがダメージは大きい」などの特徴がある。また、3オン3の形式で闘うこのゲームで「相手を強制的に交代させられる」というのも、ドラゴンラッシュの重要なポイントだ。


DBFZ ドラゴンボール ファイターズ 特定のキャラクターのみが使用できる投げ(いわゆる「コマンド投げ」)は存在する

 では、なぜ通常投げという格闘ゲームの超重要システムを排除し、ドラゴンラッシュを採用したのか――理由は簡単だろう。投げを駆け引きの根幹にしてしまうと「ドラゴンボールっぽくなくなるから」だ。ドラゴンボールの世界に投げ技はほとんどない。繰り広げられるのはバチバチの殴り合いである。そんな、ドラゴンボールの世界観を維持し、同時に駆け引きの複雑さを保つためにドラゴンラッシュを投げの代替手段として採用しているのだ。


DBFZ ドラゴンボール ファイターズDBFZ ドラゴンボール ファイターズ ボコボコに殴って相手を吹き飛ばし、それを追いかけて追撃する。いかにもドラゴンボールっぽい

DBFZ ドラゴンボール ファイターズ ドラゴンラッシュは相殺モーションもカッコイイ

 ドラゴンボールらしさは、投げの排除以外の部分にも見られる。相手を追尾して攻撃する「超ダッシュ」、背後に一瞬で回り込み相手を蹴り飛ばす「バニッシュムーブ」、そして前に出れば出るほどゲージがたまるシステムは、必然的にキャラクター同士のぶつかり合いを生み、ドラゴンボールのようなスピード感のあるバトルになっていく。スピード感のあるバトルは格闘ゲームにおける「待ち」戦術を自然に拒絶し、結果としてまた更にドラゴンボールらしさを生んでいる。つまり、「ドラゴンボール ファイターズ」は「格闘ゲームの駆け引きの面白さ」と「ドラゴンボールらしさ」を維持しながら、相反する部分を自然な形で整合させているのだ


DBFZ ドラゴンボール ファイターズDBFZ ドラゴンボール ファイターズ 背後に移動して相手を蹴り飛ばす「バニッシュムーブ」

 「ドラゴンボール ファイターズ」は、世界的な人気を誇るドラゴンボールをほぼ完璧に再現したことで、発売直後から各国の格闘ゲームコミュニティーに広まった。今では、スマブラ、ストリートファイター、ギルティギアなど、幾多の格闘ゲームシリーズで活躍する猛者たちが続々と「ドラゴンボール ファイターズ」に参戦し、群雄割拠の状態になっている。――では数多いる格闘ゲーマーの中で、誰が最強なのだろう?

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」