連載
» 2018年03月06日 12時00分 公開

中学一年生女子、思春期と言うにはまだ早い 「からかい上手の高木さん」 スピンオフ3人組のポンコツな日々(2/3 ページ)

[たまごまご,ねとらぼ]

「恋に恋するユカリちゃん」に、恋愛はまだはやい

 ゲッサン新人賞2017春期特別企画「高木さん杯」のグランプリ作品になったのが、「恋に恋するユカリちゃん」と「からかい上手の(元)高木さん」の2作品でした。

 「恋に恋するユカリちゃん」は、「あしたは土曜日」のユカリが主役になっている話。ユカリは同じクラスの高木さんと西片君の甘酸っぱい関係に憧れます。「恋バナしたい。したいしたいしたい。」「甘酸っぱい刺激がほしい。」

 けれど友人のミナは幼すぎる。サナエは興味なさそう。恋バナ、あまりにハードルが高い。


画像 こんなあまーい環境にいたら、そりゃ影響もされるよ!(1巻P3)

 アニメ見ている人なら分かると思うんです。あんなくすぐったい甘い空気見ていたら、恋バナの一つや二つ、せめて「いいよねー」くらい話して気持ちを共有したいってことが。Twitterで放送後にニヤニヤ転げ回っている人多いもん。

 ユカリは以前、誰もいない教室で西片君が高木さんに目薬を入れているのを目撃しています。目をつぶっている高木さん、どう見てもキス寸前にしか見えないし、いまだにユカリはそういう関係だと思い込んでいます。このドキドキ、恋バナとして昇華したくもなりますよ。


画像 確実にキスにしか見えない。もっともこれ目薬だと分かっても、かなりドキドキな関係じゃね?(1巻P136)

 あまりの恋愛への餓え乾きに、彼女の中の妄想力はどんどん鍛えられる一方。そしてついに、友達であるミナとサナエをカップリングするという思考に走り始めます。なぜそっちに行った。


画像 気持ちは分かった。だがまあ、ちょっと落ち着け(1巻P40)

 ミナは明るく優しく、家事もできて意外とマメ。家庭が明るくなりそう。サナエは体力があってひょんなところで気が利いて照れ屋。いじられるミナといじるサナエ、いつも仲良し。……うむ、夫婦じゃん。

 でもユカリちゃん、それはカプ厨なだけだぞ。恋愛云々というよりも、組み合わせそのものにときめいているだけだよ。落ち着きたまえ。

 ユカリは恋バナしたいと散々言うものの、自分に好きな相手がいるわけでもなし。タイトル通り「恋に恋する」お年頃止まりです。

 この作品のキモは、3人組で恋バナをしたいと願い続けているところでしょう。彼女は他にも友人がいますし、なにより高木さんとはわりと話せる方。

 けれども彼女は「恋バナは一番仲良い友達としたい」と考えています。要は仲良し3人の会話の追加エッセンスとして、恋バナをしたい。最終目標は巡り巡って、3人で楽しく過ごしたい、というところに戻って来るように見えます。


画像 友達と遊べる日々は、かけがえのないもの(秋・冬P170)

 あっという間に心が成長する、そのちょっと手前の時間。「あしたは土曜日」でミナは、サナエ・ユカリと別れる時、ずっと手を振って「またあした」と言い続けているらしい。この瞬間がすごく大事だって、友達といられることが貴重だって、うっすら気付いてるのかもしれない。

 中学一年生の友達は、大人になりかけの時を一緒に楽しめる、かけがえのない存在です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」