ニュース
» 2018年03月07日 14時39分 公開

「ねるねるねるね」付属のキャンディーをデジタル作画用テクスチャに使うアイデアがうまいっ!

テーレッテレー♪

[沓澤真二,ねとらぼ]

 練ると色が変わる不思議なお菓子「ねるねるねるね」(クラシエフーズ)。最近の製品は付属のキャンディーチップをつけて食べるようになっています。この色とりどりのキャンディーを、デジタル作画のテクスチャに使うアイデアが「使いどころが上手い!」と評判です。元絵がキラキラの仕上がりに。


アイデア その発想はなかった(画像提供:さきどろさん)

 考案したのはTwitterユーザーのさきどろ(@sakidoro)さん。まず、ねるねるねるねの「3番の粉(キャンディーチップ)」を、素材用に撮影します。


3番の粉 中身は砕けたカラフルなキャンディー

撮影 中身を皿などにあけ、広げてならしてから撮影。キャンディーを複数用意するなりコピペするなりして量を増やすと、きめ細かくなっていいかも

 次にPhotoshopを使い、撮った画像を加工したい絵にレイヤーとして乗せます。このときレイヤーモードを「オーバーレイ」にすれば、キャンディーの色味と元絵が合わさり、輝きを表現できるわけです。


加工 素材と元絵を重ね、レイヤーウインドウからモードを「オーバーレイ」に。筆者の古いPhotoshop Elements(10)でもできました

加工前加工後 加工前・加工後。ねとらぼのマスコット・ITちゃんがよりポップに

 ツイートには「(発想を)練って(楽という意味で)おいしいねるねるね〜るね」「ねるねるねるねには無限の可能性がある」「元絵がうまいからこそ生きる」といった反応が。ゼリービーンズのような多色のお菓子でも同じことができそうですね。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」