ニュース
» 2018年03月10日 17時00分 公開

切り絵師が作ったオウムガイに「ギャフンと言いました」 想像を超えた立体感に感動

作者に制作過程を聞いてみました。

[Kikka,ねとらぼ]

 切り絵で作られた「オウムガイ」に衝撃を受ける人が続出しています。切り絵で立体感や奥行きが出せるなんて……!

 作者は個展なども開く切り絵師の切り剣(@kiriken16)さん。3月6日に完成作品の画像をツイートしたところ2万4000件を超える“いいね”や「とりあえず、僕はギャフンと言いましたw」「超 リアル 凄いなぁ」「生き物独特の綺麗さがある感じで、とにかく美しいです」といったコメントが多く寄せられました。


オウムガイ 切り絵

オウムガイ 切り絵 切り絵「オウムガイ」

 作品をよく見てみると、繊細で緻密なカッティングも素晴らしいことながら作品全体にパースがかかっていることにより、のっぺりと仕上がりがちな切り絵に立体感を持たせていることがよく分かります。

 これは手前に来る部分は光が当たっているように見せるため白の面積を多く残し、奥の部分はカッティングを増やして影の部分を作るという手法によって生み出されたものですが、どうやってこうした手法が生み出されたのでしょうか。ねとらぼ編集部では作者の切り剣こと福田理代さんに取材。切り絵との出会いから制作秘話に至るまでを聞きました。


オウムガイ 切り絵

オウムガイ 切り絵 本当に切り絵だ……!

なぜ立体感抜群のオウムガイが誕生したのか。

――オウムガイの制作にはどれくらいの時間がかかりましたか。

福田今回のオウムガイは、まず手のひらサイズの試作品を作り、それを拡大・修正・加筆して制作しました。試作品は約1週間くらい、本作品は約1カ月くらいで制作しました。


オウムガイ 切り絵 手のひらサイズバージョン

――立体感を感じさせる素晴らしい作品だなと思ったのですが、他の作品に比べてオウムガイは作るのが難しいモチーフでしたか。

福田普段の作品は下描きから完成まで3〜4カ月、下手したら下描き1カ月、切るのに6カ月かかったものもあります。今回は4月の自分の個展に間に合わせるために時間制限があり、早く切れる下描きの工夫などをして、かなり短い時間での制作となりました。


オウムガイ 切り絵 下絵

オウムガイ 切り絵 制作過程

――そんなに早く……! 今回のモチーフオウムガイには対となる作品があるともツイートされていました。

福田この作品は個展の後にアートフェアに出展する予定なのですが、2枚出展で申し込んだので、雰囲気の似ている切り絵をもう一枚作ろうと思いました。そちらはシワコブサイチョウという鳥をモチーフにしており、生物としてはオウムガイとは何の関連も無いのですが、雰囲気の似た存在感のある作品を並べたら面白いと思い「対」と言う表現をしました。オウムガイと同様に試作品を作り、拡大・修正・加筆して切る予定です。


オウムガイ 切り絵 下絵

オウムガイ 切り絵 制作過程

オウムガイ 切り絵

――ユニークな発想で面白いですね。そもそも切り絵に興味をもったのきっかけは何だったのでしょうか。

福田興味を持ったのは高校生のころで、友達に渡す誕生日カードを「ただの四角ではつまらない」とハート型に切ったのがきっかけです。それが女の子の横顔、花束……とどんどん細かくなり今に至ります。




 今後は4月10日から青山にて個展「福田 理代切り絵展」を開催する他、4月14日から上野にて「八百万之紙&切り藝展」、5月にフランス・パリで開催されるアートフェア「サロン・アート・ショッピング」に参加する予定の福田さん。現地でその超絶技巧を鑑賞してみたいですね。

画像提供:切り絵師の切り剣(@kiriken16)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる