ニュース
» 2018年03月12日 11時00分 公開

「それラスボスじゃねええええ」 ゲーマー女子がクラスメイトにツッコむ漫画「隠せないオタク」が本当に隠せてない

ラスボスは意外なところに隠れてる……?

[宮原れい,ねとらぼ]

 待ちに待っていた人気ゲームタイトルが発売されたら――夜更かしするほど熱心に遊ぶゲーム好き女子生徒がRPGあるあるをツッコむ漫画「隠せないオタク」がTwitterで人気を集めています。“隠せないオタク”とは彼のことだったか……。



 学校の授業中にも、6年もの間待ってようやく発売された新作ゲーム『ドラゴニックファンタジア10(略して、ドラファン10)』の素晴らしい出来を思い出して感慨にひたる女の子。そこに隣の席から「昨日全クリした」「今回二週目の引き継ぎなかったぜ」という男子の声が聞こえてきます。……動揺する彼女のわかりやすさったらない。


隠せないオタク 漫画 ゲーマー 先生 隣のゲーム会話にめっちゃ動揺するゲーム好きの女の子

 「えっ…いや…ありますけども!」「クリア後に『NEW GAME』押せば出てきますけども!」と心の中でのツッコミが止まらない、クリア済みの彼女。さらにレベル40くらいでクリアしたという声には「え!? 今回のラスボス40じゃ無理でしょ!!」とツッコみ、「ラスボス人間のおっさんだったー」という男子のネタバレには、「それラスボスじゃねええええ(よくある前座キャラだからああああ)」と本当のネタバレを心の中で全力で叫びます。間違えがちなやつ!


隠せないオタク 漫画 ゲーマー 先生 クリアしたと思っている男子にツッコミたくてたまらなくなります……!

 そしてスタッフロールが短いという声も飛び出し、「その後続くパターンなのにいいい!!」と言いたくてたまらなくなる女の子。すると、さすがに話し声が聞こえたのか世界史の杉崎先生が振り返って「何を話してる」と注意したと思ったら、「『ドラファン10』はスタッフロール後から本番だろ」と思わぬところからのマジなツッコミが(!)。あ、これガチな人の目だ……!


隠せないオタク 漫画 ゲーマー 先生 まさかの先生ええええええ!?

 それで終わらない先生は熱心な表情のまま、まるで世界史を教えるかのように黒板にワールドマップを描いて、追加されるクエストと真のラスボスについて説明。続けて「ちなみに真エンディングは計3種ある」と、女の子も知らない上位の情報まで教えるのでした。隠せない一番のオタク、いやゲーマーは彼だったか……。


隠せないオタク 漫画 ゲーマー 先生 先生、ガチなゲーマーなのを隠せてない……!

 投稿したのは、さまざまな創作漫画を公開している漫画家の反転シャロウ先生(@sharoh_hanten)。2017年にTwitterで公開され話題になった『JKと捨て子の赤ちゃん』や、『先生のやさしい殺し方』などの作品を公開・連載中で、前者は3月10日にコミックス第1巻が、後者は3月22日に第2巻が発売となります。

 コメントでは「こんな先生が欲しかった……」「この教師最高かよ」とゲーム好きからの熱い支持を得ていて、中には「似たような教師いたな……」と杉崎先生のような学校の先生に心当たりがある人からの声も上がっています。





画像提供:反転シャロウ(@sharoh_hanten)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」