ニュース
» 2018年03月12日 13時00分 公開

中学野球開幕式で選手数千人が稲村亜美に駆け寄り密着→炎上 協会は謝罪の上「反省している」とコメント

ネット上では怒りの声が多数あがっています。

[Kikka,ねとらぼ]

 日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟が3月10日に開催した開幕式で、中学生数千人がタレントの稲村亜美さんを取り囲んだ上、身体が密着するほどの距離まで駆け寄るという事態が発生しました。ねとらぼ編集部の取材に対し協会の担当者は「協会にも責任がある」と反省の弁を述べました。


稲村亜美 リトルシニア 中学生 野球 騒動が起きた瞬間(元動画は削除済み・YouTubeより)

 当時の状況を撮影したとされるYouTube動画を確認してみると、中学生選手らは始球式のためマウンドに上がっている稲村さんを囲むように「U字型」に整列しています。ところが、稲村さん1人がマウンドにいるという状況だったこともあり、複数のチームの選手がじわじわと前へ歩み寄り、結果的に稲村さんを中心に360度中学生選手が囲むという異様な状態に。その後は選手が一斉に稲村さん目がけて走り出し、稲村さんの姿が見えなくなる程の混乱となったほか、中学生同士が押し合うという事態に発展しました。

 この様子に始球式を見ていたスタンド席の観客から「ヤバイ」「だめじゃない」という声が上がりましたが、協会関係者らしき審判員らは困惑した様子ですぐには動けず。その後、アナウンスで複数回整列が促されると、選手らは再度整列し、マイクを持った稲村さんが「皆さん大丈夫ですか」と選手らの安否を気遣った後、「今日は始球式に出られてすごくうれしいです。皆さんの熱気も伝わってきたので、その熱気を試合で爆発させて優勝目指してがんばってください!」と激励し、なんとか始球式を終えました。

 これについてネット上では「恐かっただろうなぁ……」「稲村さんケガなかったのかしら……怖っ」と稲村さんを気遣うコメントが相次いだほか、「可愛い子が目の前にいたから触るってそれもう紛れもなく痴漢ですよ」「性犯罪」「死傷者が出てもおかしくない状況」「球児らが中学生だからって軽く済ますのもおかしい」と怒りの意見も相次いでいます。

 ところが一部の選手らがSNS上で「あの状況なら何をしても分からない」「やらかした」「触った」などと悪びれることなく自慢していたことも発覚。さらに批判が加速しています。

 なぜこのような事態を招いてしまったのか、編集部では大会を主催した日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟を取材しました。

稲村さんには2度謝罪、押し倒されて負傷した選手も

 取材に応じた担当者はまず「想像もできない事態となってしまい、稲村さん、関係者の皆さま、そして選手にも申し訳なく思っています」と話し、「子どもたち(選手)がやったことはもちろんいけないことですが、協会にも責任があると考えています。反省しています」とコメントしました。

 また今回の事態を起こしてしまった要因のひとつとして、「リトルシニアではこれまで数十年間始球式を行ったことがなく、今回は稲村さんが卒業生というご縁により実現した始球式でした。そのため十分事態を予測することができませんでした」と語り、準備不足を認めました。なお騒動の際、選手2人が後ろから来た選手に押し倒されるなどして転倒。1人が打ち身、1人が強めのねんざのようなケガを負っていたことも分かりました。

 こうした事態について協会は処分等も含めて検討するとした上で、「誰と誰が悪いのかと個別に特定することは難しいと考えています。今後は『今回起こったことは良くないこと』だときちんと理解してもらうために、各チームを通して文章を通達する予定です」とのこと。

 また稲村さんに対しては「本当に申し訳ない」として当日に本人に直接謝罪し、3月12日にも代理人を通じて改めて謝罪の気持ちと伝えたとのこと。稲村さんからは協会側に「大丈夫ですよ」との返事があったと言い、担当者は「稲村さんにおケガがなかったのは不幸中に幸いですが、本当に申し訳なく思っています」と反省しきった様子でした。

 そしてその稲村さんは3月10日にTwitterで「今日神宮球場にいた選手の皆さんが心配してくれますがわたしは全く問題なく大丈夫ですよー!!!」と笑顔マークの絵文字付きでコメント。

 またブログでも自身がリトルシニアの卒業生であることに触れながら、「選手の熱気がすごく伝わってきて色々とハプニング?も起きてしまいましたが、みなさんのパワーが伝わってきてわたし自身は貴重な経験をさせてもらえました」「選手の皆さんの健闘を祈ります!!!!!」と投稿しています。


稲村亜美 リトルシニア 中学生 野球 ブログで騒動に触れた稲村さん(稲村亜美 公式ブログより)

 稲村さんの対応やコメントを称賛する意見が多い一方で、こうした行為は年齢に関係なく許されないもの。騒動に関係した選手らには十分な反省が必要です。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」