ニュース
» 2018年03月13日 12時30分 公開

ヒーロー大好き少年が魔法少女に!? 『サムライうさぎ』作者の新連載『ボクらは魔法少年』が刺さりまくる人続出

乙女チックな服装に少年が恥じらいながら戦うだけかと思いきや――衝撃の展開にも注目。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 漫画誌『週刊ヤングジャンプ』3月1日発売号で連載が始まった『ボクらは魔法少年』(福島鉄平)が、ヒーローものに憧れていた少年が魔法少女になってしまう奇抜なストーリーでネットで注目を浴びています。8日に「となりのヤングジャンプ」で第1話が無料公開されると、Twitterでタイトル名がトレンドに入りました。

ボクらは魔法少年 福島鉄平 『ボクらは魔法少年』(C)福島鉄平/集英社(試し読みページ

ボクらは魔法少年 福島鉄平

 弱い者いじめを懲らしめるなど“かっこよさ”に憧れては行動に移してきた少年・小田切カイト(11歳)。ある日、男の転校生・海原マコトに呼び出されるや魔法の力を披露され、一緒に街の平和を守る正義の味方にならないか誘われます。快諾して契約アイテムを装着、早速変身してみると、大きなリボンにフリルのスカート、「プリキュア」みたいな衣装に変身。そう、彼がなったのは「魔法少年」という存在。少年ながらも魔法世界で古から伝わるという魔法少女モノっぽい格好で戦う正義の味方だったのです。

ボクらは魔法少年 福島鉄平 てっきりヒーローモノかと思っていたら

 「なんだよこのカッコ!!」とカイトは慌てて辞退を申し出るも、功績を認められないと自由になれないと、強制的に魔法少女を続けるハメに。しかも名前は「ときめき(ハートマーク)ピンク」。ファンシーな衣装で人前に現れ、周囲の視線に顔を赤らめながら人助けを始めます。

ボクらは魔法少年 福島鉄平 絶望の底に突き落とされるカイト

 少年が女の子衣装を着てイヤイヤながら戦う。『らんま1/2』のようなコメディ感が笑いや萌えを誘いますが、本作の真髄(しんずい)は後半に待っています。

 人助けが板についてきたカイトは、一定以上の身体能力の強化や攻撃魔法を出すには、かわいらしい格好に自信を持てる乙女心が必要なことを知ります。キラキラフリフリ衣装なんて気持ち悪い、でもこのままだと弱い人を救えない。そう悩んでいた矢先、一度負けていた不良集団に襲われピンチに。カイトは乙女心という新しい扉を開いて窮地を脱せるのか――待ち受ける衝撃の見開きページに注目です。

ボクらは魔法少年 福島鉄平 不良集団に襲われピンチに。しかし川面に映る自分を見たカイトは……?

 「王道の魔法少女モノの役割を少年が担う」というプロットが斬新なだけでなく、ジェンダー問題や“男の娘”要素も絡んでくる設定づくりが秀逸な第1話。Twitterでは「刺さる人には果てしなく刺さる」「すごいものを読んだ」「やめてくれよ…ストライクゾーン広がるだろ…」「ちょっとこれは最高すぎなのでは???」と評判を呼んでいます。

ボクらは魔法少年 福島鉄平ボクらは魔法少年 福島鉄平 福島鉄平さんの代表作『サムライうさぎ』『アマリリス』

 また作者の福島鉄平さんは、2007年〜2008年に少年漫画誌『週刊少年ジャンプ』で『サムライうさぎ』(全8巻)を連載したことでも知られており、題材の違いに「10年後にこんな作品を描くとは思わなんだ」「当時から想像もつかない形に羽化を果たした」など驚く人が続出。福島さんは連載終了後は『アマリリス』など短編で女装男子を扱っており、ファンからは「ついに全開な感じの作品で新連載もぎ取ったの感慨深い」といった喜びの声もあがっています。

(C)福島鉄平/集英社

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」