ニュース
» 2018年03月13日 21時00分 公開

茶せんが高速でギュギュギュギュギュン! パワフルな茶道ロボが“わびさび”のカケラもないけど「結構なお点前」

抹茶をすくうところまでは穏やかですが……静と動の落差が激しい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「日本の伝統文化をロボットで表現しよう」と開発された茶道ロボが、あまりにもパワフルで衝撃的です。お茶をたてることができるにはできるのですが、動きが激しすぎて“わびさび”のカケラもない。

YouTubeに投稿されたフルバージョン

茶道ロボ いかにも何かやらかしそうな荒々しいフォルム

 ものづくり集団「aNo研」が開発。起動するとひしゃくでお湯を茶碗に注ぎ、木さじで抹茶を入れます。本来の手順とは逆になってしまっていますが、木さじをゆすって余分な粉を落とす動作はなかなか細かく、風情を感じさせるところはあります。


茶道ロボ まずはお湯(本来は抹茶を入れたあと)

茶道ロボ 木サジを抹茶に入れて……

茶道ロボ 左右に振って余分な粉を落とす

茶道ロボ 茶碗へサーッ。ここまでは動作も穏やか

 しかし、肝心の茶をかき混ぜる動作になると様子は一変。機械音とともに茶せんが茶碗へ降りると、轟音を立てながら高速で動き、わびもさびも吹き飛ばしてしまいます。それでもお茶は泡立ち、茶碗も一応それらしく回転。さらに筐体からは和菓子がせり上がり、茶道の作法通りでないとはいえ、一連の流れをやってのけました。


茶道ロボ 混ぜる段になるなり、大きな機械音。茶せんが茶碗へ降りていく

茶道ロボ 耳をつんざくような音とともに動く茶せん。よく見るとミキサーのように回転するわけではなく、左右に高速で動いている

茶道ロボ 泡こそ荒いものの、抹茶が完成

茶道ロボ 茶碗を回すとともに、大福を差し出してくれる

 ロボットの豪快な動きは注目を集め、とりあえず「結構なお点前で……」と応える人、「吹いたお茶返せ」と爆笑する人、「わびもさびもないけど錆び(サビ)はありそう」とうまいことを言う人など、さまざまな反応が生まれました。

 茶道ロボは2017年の秋から冬にかけて製作されたもの。aNo研は「ロボットの動きで抹茶が泡立つのかが課題でした。粉の量も影響するので、適量になるようふるい落とすところを工夫しています」と、編集部の取材に答えています。

 ロボットがたてたお茶の味はと聞くと、「ちゃんと抹茶の味はしますが、改善すれば本物の茶道の味に近づけるのではないかと考えています」との回答。製作後の感想を聞くと、「茶道の所作は複雑で繊細であることを再認識できました。私たちの作品を見た人が、『茶道はこうじゃない』と議論してくれたり、面白いと笑ってくれることが非常にうれしい」と語っています。

 そして「このロボットが茶道や日本文化へ興味を持つきっかけにつながってくれるとありがたいです」と担当者。ツイートには海外からの反応も多く、願いはある程度かなっているといえるでしょう。

画像提供:aNo研

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」