ニュース
» 2018年03月14日 09時00分 公開

ティッシュをモジモジしながら配る、周りの人にゴミを入れてほしそうにする……ひとりでは何もできないけれど「弱いロボット」が愛らしい

弱いのには、ちゃんと理由があるんです。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 ゴミを周りの誰かに拾ってほしそうに身体を動かすロボットや、モジモジともらってほしそうにティッシュ配りをするロボット……。高機能・高性能路線ではなく、周りの誰かを巻き込むことで目標を達成してしまう“弱いロボット”がTwitterなどで大きな話題を呼んでいます。

 その中の1つ、2007年に開発されたゴミ箱型ロボット「Sociable Trash Box」は周りの誰かにゴミを入れさせるというもの。ゴミを見つけると誰かに入れてほしそうに身体を震わせ、その仕草で子どもや大人に入れてもらい結果的にゴミを集めてしまうという、弱いけれどもある意味たくましいロボットです。もちろん、誰かがゴミを入れてくれた際にはおじぎも忘れません。


弱いロボット こちらがゴミ箱型ロボットの“Sociable Trash Box”、あえてアームなども付けていません

 2016年に開発された“Talking-Bones”は、大切な言葉を物忘れしてしまうロボットで、子どもが話をするときのように何かを懸命に伝えようとしてくるというもの。「なんだっけ、NARAじゃなくて……ええと……」「NASA?」「あ、そうそうNASAがね……」と言った具合に聞き手側から上手く単語を引き出していきます。


弱いロボット まるで子どものように懸命にお話をする“Talking-Bones”

 この“弱い”ロボットたちを開発したのは、愛知県にある豊橋技術科学大学ICD-LAB(Interaction & Communication Design Laboratory)。従来のようにロボットが単体で目標を成し遂げるのではなく、だれかからのアシストを上手く引き出しながら実現するというソーシャルなロボットを研究しているとのこと。


弱いロボット たどたどしくティッシュを配る“iBones”

 人の助けを促すことで一緒に共存していくという、変わったコンセプトの“弱い”ロボットたち。いろんなロボットが実現化した今だからこそ、違った視点を見せてくれそうです。

 これらの弱いロボットたちについては、ICD-LABの岡田美智男さんにより著書「弱いロボット」「〈弱いロボット〉の思考」も出版されています。

画像提供:豊橋技術科学大学ICD-LAB

(大里ミチル)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」