ニュース
» 2018年03月14日 09時00分 公開

ティッシュをモジモジしながら配る、周りの人にゴミを入れてほしそうにする……ひとりでは何もできないけれど「弱いロボット」が愛らしい

弱いのには、ちゃんと理由があるんです。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 ゴミを周りの誰かに拾ってほしそうに身体を動かすロボットや、モジモジともらってほしそうにティッシュ配りをするロボット……。高機能・高性能路線ではなく、周りの誰かを巻き込むことで目標を達成してしまう“弱いロボット”がTwitterなどで大きな話題を呼んでいます。

 その中の1つ、2007年に開発されたゴミ箱型ロボット「Sociable Trash Box」は周りの誰かにゴミを入れさせるというもの。ゴミを見つけると誰かに入れてほしそうに身体を震わせ、その仕草で子どもや大人に入れてもらい結果的にゴミを集めてしまうという、弱いけれどもある意味たくましいロボットです。もちろん、誰かがゴミを入れてくれた際にはおじぎも忘れません。


弱いロボット こちらがゴミ箱型ロボットの“Sociable Trash Box”、あえてアームなども付けていません

 2016年に開発された“Talking-Bones”は、大切な言葉を物忘れしてしまうロボットで、子どもが話をするときのように何かを懸命に伝えようとしてくるというもの。「なんだっけ、NARAじゃなくて……ええと……」「NASA?」「あ、そうそうNASAがね……」と言った具合に聞き手側から上手く単語を引き出していきます。


弱いロボット まるで子どものように懸命にお話をする“Talking-Bones”

 この“弱い”ロボットたちを開発したのは、愛知県にある豊橋技術科学大学ICD-LAB(Interaction & Communication Design Laboratory)。従来のようにロボットが単体で目標を成し遂げるのではなく、だれかからのアシストを上手く引き出しながら実現するというソーシャルなロボットを研究しているとのこと。


弱いロボット たどたどしくティッシュを配る“iBones”

 人の助けを促すことで一緒に共存していくという、変わったコンセプトの“弱い”ロボットたち。いろんなロボットが実現化した今だからこそ、違った視点を見せてくれそうです。

 これらの弱いロボットたちについては、ICD-LABの岡田美智男さんにより著書「弱いロボット」「〈弱いロボット〉の思考」も出版されています。

画像提供:豊橋技術科学大学ICD-LAB

(大里ミチル)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」