特殊なプリンターが作る「ドットずし」 料理をデータ化・転送してどこででも再現する壮大な計画

実現すれば、ベテラン職人が握ったすしのデータを、どこでも受信して味わえる。

» 2018年03月14日 17時36分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 米テキサスで開催中のイベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2018」で、「ドットずし」を作る「ピクセルフードプリンター」が出展されました。ドット絵を立体化したような形はおもちゃのようですが、本当に食べられるすし作りを目指して開発されています。

コンセプトムービー

ドット寿司 まるでゲームの回復アイテム(画像提供:電通)

ロボ アーム先端のノズルから食べられる素材を出し、すしを形作る(画像提供:電通)

 形状はアーム1本のロボット。先端のノズルから食べられる素材を1粒ずつ出して、すしの形に仕上げます。現段階では素材が大ぶりでドット絵のように見えますが、素材の単位を細かくできれば、より本物へ近づけられそうです。


会場

会場 会場で注目を集めているもよう(画像提供:電通)

 電通、山形大学、東北新社、デンソーウェーブによるプロジェクト「OPEN MEALS」の一環。料理の形状と色、味、栄養素、食感といった要素を分析してデータベース化し、食べられる素材を用いた特殊な3Dプリンタへ転送・出力することを構想しています。今回は海外出展物として分かりやすい、すしを題材にしていますが、最終的な目標は「全ての食をデータ化して転送すること」です。


OPEN MEALS OPEN MEALS

 無味無臭のゲルを素材に用い、ピクセル単位で扱うことで、1粒1粒の味や食感を変えることができるとのこと。このため、中はトロトロで外はカリカリといった食感の再現も可能となります。

 健康上や宗教上の理由で特定の料理を食べられない人でも、別の素材を使うことで食べられるようにできるメリットも。ほかにも、「母の味」を正確に継承したり、地球の味を宇宙へ送ったりと、さまざまな用途が考えられています。

 今回の出展はイノベーションが目的で、まだまだ「食の転送」の実現には届いていない段階。プロジェクトチームはともに実現してくれる技術者や出資者をSXSWで求めています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」