コラム
» 2018年03月15日 11時00分 公開

自動販売機の「硬貨を何回入れても戻ってくる」現象ってどうして起こるんですか? メーカーに聞いてみた

本物のお金なのに、なぜ使えん……。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 みなさんは、自動販売機を使いますか? 

 僕は寒い時期になると、高校時代、部活の帰りによく友達と一緒にホットココアを買っていたことを思い出します。ちなみに、厳密に決まっているわけではないのですが、自動販売機の缶入りホット飲料は55℃前後にあたためられています。

 ところで、自動販売機で少し不便なのは「硬貨を何回入れても、そのままカチャンと釣り銭口へ送られる」という現象が時々起こること。偽銭を使っているわけでもないのに、どうして受け付けてもらえないことがあるのでしょうか。

「裏返すと入る」説

 この件についてネットで調べると「硬貨は片面だけで判定されるので、裏返して挿入すると通りやすい」という情報が。サンデンというメーカーに話を伺ったところ、「片側だけの識別ではございません」とのことで、同社の自動販売機では硬貨の両面を使って判定を行っているようです。

 他社製品の仕様は分かりませんが、少なくとも「硬貨を裏返す方法は、必ず有効なわけではない」といえそうです。

「汚れていたり、摩耗していたりすると識別されない」説

 また、「硬貨に汚れがついていたり、摩耗して重さや凹凸の形が変わっていたりすると識別されにくい」「ふいたり、酸性の液体につけたりしてキレイにすると改善する」というような説明も見受けられます。

 確かに、ホコリやサビに覆われた貨幣は識別しにくそうですし、硬貨の寿命はとても長いとされていますが、何十年も人の手を渡り続けたら、多少すり減ることもあるでしょう。しかし、これらの情報は本当なのでしょうか。

 大手自動販売機メーカー・富士電機に話を伺おうとしたところ、「硬貨・紙幣の識別に関する内容については、防犯的理由及び技術機密事項より、回答をお断りさせて頂いております」とのこと。他のメーカーにも取材しましたが、はっきりした回答を得ることはできませんでした。

原因がよく分からないのは、セキュリティ上の必要悪?

 今回の調査では「こうしたら必ずうまくいく」という結論を出すことはできませんでしたが、よく考えてみれば当然の結果なのでは? もしも硬貨の識別方法を公開してしまったら、それを悪用して偽銭が作る人が現れる可能性がありますから。

 「なぜか本物の硬貨まで使えないことがあり、その原因がよく分からない」というのはスッキリしない話ですが、「利用者側がちゃんとお金を払わなければ、商売は成り立たない。そのためにはセキュリティも大切」と割り切るほかないのかもしれません。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」