ニュース
» 2018年03月15日 18時19分 公開

「○ンタマの左目包帯キャラ」 → 「推し一緒!」 → 「せーの」 →「誰だよ」 悲劇のすれ違いLINEが爆笑を生む

○に入る1文字が違った……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 “推し”(趣味嗜好)が合う仲間が見つかるのはうれしいもので、それが友人ならなおさらのこと。そんな喜びが生まれたLINE会話が、なぜかTwitterで笑いを呼んでいます。途中まで大盛り上がりなのにねえ。


1P 唐突すぎる友人の呼びかけがまさかの展開に

 「[朗報]新たに推しができました」と、友人から興奮気味のメッセージを受け取った権兵衛(@Gonbe_G)さん。推しキャラが誰なのか当ててみろと言われ困惑させられます。しかし「左目に包帯」というヒントにピンと来るものがあり、「分かる! 私と一緒だ!」と自身もヒートアップします。

 「(推しの登場する作品は)あれだろ? ○ンタマだろ?」と指摘すると、友人は「悪意ある伏せ字やめろ」と笑いながらも返答は「正解」と、2人とも推しが同じであると認識。「敵だけど味方でもあるのがいい」「壮絶な過去もおいしい」「和服や鎖骨がエロい」と共感して会話は弾み、「お前と友だちで良かった」と、固い握手(イメージ)を交わします。包帯で和服で敵でも味方でもある「○ンタマ」のキャラといえば、もうアレしかないですよね。そう、アレ。


2P

3P 共感で過熱する会話

 感極まった2人は、お気に入りの推し画像を互いに見せ合います。ところが、友人が送ってきたのは「んたま(銀魂)」の「高杉晋助」、権兵衛さんが出したのは、「んたま(忍たま乱太郎)」の「雑渡昆奈門(ざっとこんなもん)」と、まさかのすれ違い。作品自体は全然違いますが、どっちも「○ンタマ」だし、キャラの特徴はだいたい合ってるしで、勘違いするのも無理はない。でもそのせいで、あれほど盛り上がっていた会話は「誰だよ」「誰だよ」と、真っ逆さまにトーンダウンしてしまうのでした。


4P 惜しいけど違う! よくあれだけ会話がかみ合ったな……

 「互いに相手の推し作品を知らないってのがまたミソですよね。全て○ンタマ(と略したの)が悪い」と、権兵衛さん。ツイートは「声出して笑った」と反響を呼び、絶妙なすれ違いぶりが「リアルアンジャッシュ」と言われるなど、リプライが大いに盛り上がっています。

画像提供:権兵衛(@Gonbe_G)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響