中学時代「僕は頭がおかしい」と考えたことある人手ぇあげて 桜井のりお新作『僕の心のヤバイやつ』(1/2 ページ)

陰キャ男子は陽キャ女子に勝てない。

» 2018年03月18日 16時00分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「中二病」の語が当たり前のように使われる時代になりました。でも中学時代は、そんなネタにできるようなカジュアルなものじゃなかったと思う。もっとめんどくさくて深刻な底なし沼だったよ。生きるか死ぬか殺すかレベルだよ。

 週刊少年チャンピオンの『僕の心のヤバイやつ』は、『みつどもえ』の作者・桜井のりおの新連載作品。中二病少年が主人公です。まずはこのページを見てほしい。


僕の心のヤバイやつ 殺人大百科とか心霊写真集とか読むよね

 この1ページで、リアルにとんがった中二病が描かれます。

 14歳の市川京太郎。友達はいない。クラスで1人、殺人大百科を読みながら考える。「僕は頭がおかしい」。明るく笑うクラスメイトを見ては、殺害妄想を頭の中で繰り広げます。

 彼の悶々は「本人がカッコよさを追求した中二病」と少し違い、かなり深刻。ヤバイ奴だとイメージし続けないと自分を保てない、脆い方のやつ。彼が目をつけたのは、学校イチ美人で雑誌のモデルもやっている山田杏奈でした。


僕の心のヤバイやつ コレクション系殺人鬼の本あるいは江戸川乱歩を読んだか、筋肉少女帯の歌を聞いたんだろう

 「リア充爆発しろ」とかの軽さと違うよ。本当に殺したりはできないだろうけど、カッターナイフ握って周囲の人を殺す妄想となると、あんまりしないと思う。かと言って本当に狂っているわけでもなく、自分に酔っているのは間違いない。市川は、心を守るにはそこまでしないといけないくらいのぼっちだ、ということです。このページを笑える人は、おそらく今幸せだと思う。

 その一方で山田は、スクールカースト頂点の子です。ただし、ものすごくマイペースで、あちこち抜けていて雑な子。


僕の心のヤバイやつ 美人な子のアホな部分見えると、ドキドキするよね

 殺そうとしていたはずの山田、給食後にパーティ用のポテトチップスを鼻歌歌いながらモリモリ食べていた。楽しそうなのがかわいい。

 「陰キャ」男子の「陽キャ」女子に話しかけられたい欲求、かなり強いと思います。だから最近ギャルヒロインマンガ増えているんですってば。

 このマンガの場合、話しかけられるほどの関係では(まだ)ありません。けれども山田との接触で、市川側が意識してしまうようになります。


僕の心のヤバイやつ 春よ! 春がきたわ!(来ていない)

 このよくわからないポテチの袋の渡し方! 陽キャな女子が適当にとった行動は、陰キャ男子のハートを打つ。それを一生の思い出にしたりするものだよ。

 中学時代の悩みは、ささいなものかもしれないけれども、そのときは間違いなくとても大きなもの。市川の感情のアンテナがとても敏感で繊細だからこそ、山田の一挙一動が気になります。共感しようとします。「殺そうとしていた」というのは、実はもともと気になっていた、ってことなんじゃないかなあ。


僕の心のヤバイやつ さすがにこの涙はネタじゃないぞ……

 2話のワンシーン。ずぼらな山田の、まさか涙。その原因をなんとなく知っている唯一の人間、市川。彼女は彼女なりに、ちょっと不器用なところがあります。カースト上位の間でも、人間関係のこじれはあります。

 さあ、どうする。泣いているのはお前が殺そうとしていた女の子だぞ。でも女の子の涙にゃ勝てないぞ。

 「陽キャと陰キャの青春格差ラブコメディー」というアオリになっている作品ですが、現時点ではラブコメの気配はまだ見えません。市川は大分意識しているので、山田次第なのかな。

 視点がネガティブ男子なので作品の空気はしっとりめ。ぼっち経験のある人には「そうそう、中二病って大変だったよなー」「陽キャに話しかけられたらドキドキしたよなー」と共感できるはずなので、是非読んでいただきたい。そうじゃなくても山田かわいいので読んでください。

 「僕の心のヤバイやつ」は4話までは週刊少年チャンピオンで掲載、5話以降は無料マンガサイトチャンピオンクロスで連載されます。

 なお、底抜けに変態な中学生マンガが読みたい方には『ロロッロ!」もオススメします。


出張掲載:Karte.1「僕は奪われた」


僕の心のヤバイやつ

僕の心のヤバイやつ

僕の心のヤバイやつ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」