ニュース
» 2018年03月22日 10時00分 公開

な、なげー! すごい迫力 メルセデス・ベンツが最高級リムジン「マイバッハ プルマン」を刷新 (1/2)

全長6.5メートル、価格は約6500万円から。クルマの中とは思えないぜいたくな車内空間が広がっています。(写真20枚)

[agar,ねとらぼ]

 メルセデス・ベンツは、同社の最高級ブランド「メルセデス マイバッハ」のリムジンモデル「プルマン」のマイナーチェンジ版を発表しました。

マイバッハ プルマン マイバッハ プルマン

 プルマンは「メルセデス・マイバッハ S650」の車体を全長6.5メートルまで延長し、室内空間を広げた富裕層や要人向けのリムジンモデルです。6人乗車仕様の車内は特に後部座席の居住性に重点を置き、2列目と3列目を向かい合わせて配置したシートレイアウトを採用しています。パワートレインにはマイバッハ S650と同じ6リッターのV型12気筒エンジンを搭載し、最大630馬力(463kW)を発生。また、停止から時速100キロまで6.5秒で到達する加速性能を持ちます。

マイバッハ プルマンの内装 マイバッハ プルマンの豪華な内装

 マイバッハ プルマンは、2018年2月に発表されたマイバッハSシリーズのマイナーチェンジ版と同様に、ピンストライプのスーツから着想したという新しいデザインのフロントグリルを採用したほか、注文時に選択できる内装色として、マグマグレー、マホガニーブラウン、シルクベージュ、ディープシーブルーを新たに追加しました。海外市場向けに2018年3月15日に受注を開始。価格は約50万ユーロ(約6500万円)からです。日本市場向けの受注開始は未定ですが、同様に完全受注生産になると思われます。

プルマンのベースとなる「マイバッハ S650」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた