ニュース
» 2018年03月25日 14時55分 公開

「デス様じゃねーか」「オーキド博士いるぞ!」 「ポプテピピック」最終回さまざまな意見が寄せられる

人類に早すぎた3カ月間。

[コンタケ,ねとらぼ]

 3月24日、テレビアニメ「ポプテピピック」の最終話が放送されました。毎話視聴者に「アニメとは何なのか」と哲学させ続けた同作は、最後まで哲学たっぷり仕上げ。筆舌に尽くしがたい展開に、関係者を含めネット上ではさまざまな意見が寄せられています。

以下、「ポプテピピック」12話のネタバレを含みます。












































ポプテピピック 最終回 蒼井翔太 すごいアニメだった……

 最も注目されていたのは、やはり最終回でポプ子を演じた中田譲治さんとピピ美を演じた速水奨さん。中田譲治さんは速水奨さんにジョジョネタを入れる相談していたという、裏話を明かしています。

 蒼井翔太役の蒼井翔太さんは、「お騒がせしました!」と一言。リプライ欄では、「ダンスが最高でした」という声のほか、あまりにも唐突な登場にリプライ欄では「人質を取られていませんか?」と心配する声が多数寄せられています。

 8BITパートを担当した山下諒さんは、“デス様”こと「デスクリムゾン」パートのモデルになった地の映像を紹介する動画を投稿。「デスクリムゾン」はセガサターンで発売された伝説のクソゲーで、最終回冒頭で流れた映像の元ネタです。ほぼ完全再現されていました。

 その他にも、星色ガールドロップパート担当の山GEんさん、イラストとアニメを担当した梅木さん、挿入歌などを担当した赤羽根健治さんなどが最終回を惜しむ声を寄せています。

 視聴者からは、「1〜12話Aパートはピピ美を救えなかった世界線で、再放送パートは蒼井翔太に時間を戻してもらってやり直しデスクリムゾンを手に入れ救うことに成功した世界だったのでは?」という深すぎる考察が注目を集めていました。皆ポプテピピックに真面目過ぎる。

 また、ニコニコ動画のコメントでは、Bパートで明らかにオーキド博士と思われる声があること、ハム太郎のところがアウト過ぎること、最終話にしてボブネミミッミがAパートとBパートの内容を変えてきたこと、オルガっぽい倒れ方をしている竹書房社員がいることなどに多数のコメントが寄せられていました。そして最後は「星色ガールドロップ1期見せろや!」。

 人類に早すぎた3カ月間が終わり、今日からは「ポプテピピック」のない日々に戻ります。しかし、原作者おおかわぶくぶさんいわく、「クソアニメは次第に人の記憶から消し去られていくだろう しかし時代がクソアニメを必要としたとき クソアニメもそれに応えるであろう」とのこと。こわい。まあ原作、普通に連載してますしね。

 なお、アニメは終了しましたが、9月15日と16日の2日間、幕張メッセイベントホールで「ポプテピピック」イベントの開催が決定しました。出演者は“絶賛お声掛け中”とのこと。


ポプテピピック 最終回 蒼井翔太ポプテピピック 最終回 蒼井翔太 DVDとBlu-rayのvol.3パッケージ

(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声