ニュース
» 2018年03月28日 15時28分 公開

マレーシアでフェイクニュースに最大禁固10年の法案 「恣意的な逮捕」を懸念する声も

フェイクの定義があいまい。

[関口雄太,ねとらぼ]

 マレーシアでフェイクニュースを取り締まる法案が審議されました。言論の自由が失われるという懸念から、人権団体などが反発する事態となっています。


マレーシアでフェイクニュースに禁固10年の法案を審議 国外の外国人も対象 フェイクニュースを違法とする法案を審議した(Prime Minister's Office of Malaysiaより)。

 マレーシアのナジブ・ラザク政権はフェイクニュースの発信者を罰する法案について審議しました。報道によると、フェイクニュースを発信した人に最大で約1300万円(50万リンギット)の罰金、10年の禁固刑を課すことを提案しているとのこと。法案ではフェイクニュースは「一部または全部に誤りがある情報やデータ、ニュース」とあり、「この法は電子出版物やソーシャルメディアも対象に含まれる。マレーシア人またはマレーシア市民に影響を与えた、国外の外国人も対象となる」とされています。

 「言論と表現の自由の権利が尊重されることを保証し、フェイクニュースの拡散から国民を守ることを目指す」と法案には記されているものの、定義があいまいという理由から、いくつかの団体が反対意見を強く表明しました。

 国際人権団体アムネスティのジェームス・ゴメス氏は以下のように述べています。

 「この法案は言論の自由への攻撃です。あいまいで範囲が広い“フェイクニュース”という定義が、厳しい刑罰と警察の恣意的な逮捕に結びつく。政府を批判から守ろうとする図々しい試みでしかありません。今すぐに、破棄されるべきです」

 「マレーシア政府が“フェイクニュース”という言葉を使って、批判する人々を取り締まる言い訳をするというのは、不穏な事態です」(ゴメス氏)


マレーシアでフェイクニュースに禁固10年の法案を審議 国外の外国人も対象 すぐにこの法案は破棄するべきと主張(Amnesty Internationalより)

 アジアインターネット連盟(AIC)は「情報の交換をコントロールするように設計された法律でフェイクニュースの問題に効果的に対処することは難しいでしょう。情報が正しいか間違っているか区別することはとても主観的で、情報のアクセスやアイデアの交換を損なう危険性もあります」と主張し、政府と報道機関の協力体制が必要であると唱えています。同連盟には、Googleやアップル、Yahoo!などがメンバーとして所属しています。


 マレーシアを含む東南アジアでは、フェイクニュースを取り締まる法律が提案されており、シンガポールやフィリピンなどでも審議されたことがあります。マレーシアでは数週間後に総選挙を控えていることを海外メディアは指摘。ナジブ首相も関与していたとされる大規模スキャンダル、政府系投資会社ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)に関連した広範囲にわたる批判が高まっていることから、今回の法案が話題に上がったのではないかとされています。

4月4日追記

 法案が議会で可決されました。Amnesty Internationalは「マレーシアの議員は長く待たずに、平和的な政府の批判にも適用されうる曖昧な法案を通した」と批判しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」