コラム
» 2018年03月31日 11時30分 公開

さよならPHS。往年の名機「京ぽん」をいま使ってみた 11万画素のカメラで写す、2018年の東京(1/4 ページ)

PHSは2018年3月31日に新規受付を終了します。

[辰井裕紀ねとらぼ]

 1995年にサービスが開始され、その安さと通話品質の良さで、根強いファンがいた日本発の簡易携帯電話サービス「PHS」。そのPHSは2018年3月31日で新規受付を終了します(法人向けのテレメーター用プランを除く)。

 PHSの中でも大ヒット商品だったのが、2004年に発売された京セラのAH-K3001V、通称「京ぽん」でした。日本初のフルブラウザ搭載ケータイであり、当時は画期的だったパケット定額制にも対応。

 「月々4200円程度で、PCサイト閲覧も含めたインターネットが使い放題」という夢のような環境に、熱狂の渦が巻き起こりました。発売後数カ月は品薄が続き、入手困難の状態だったのです。


「AH-K3001V」(閉じた正面) 発売当時は入手困難だった、京ぽんことAH-K3001V
「AH-K3001V」(開いた正面)
さよならPHS

 このヒットのおかげで、当時既に落ち目と考えられていたPHSは一気に息を吹き返しました。さらに日本におけるスマートフォンの先駆けだった「W-ZERO3」のヒットなど、当時のケータイシーンに間違いなく旋風を巻き起こしたのも、このPHSだったのです。

 筆者も初めて持った端末はPHSで、京ぽんを愛機として使い倒したことを懐かしく思い出します。そこで思いました。「PHSの新規受付が終わる前に、京ぽんをもう一度使えないか?」。14年の時を越えて、今それを実行に移します。


初代「京ぽん」は新規受付不可……

 筆者は意気揚々とネットオークションでAH-K3001Vを調達し、過放電のために動かないバッテリーを何とか復活させてワイモバイルショップへ向かいました。しかし、店員さんから聞いたのはまさかの「この機種は新規受付ができない」の返事。

 実は2012年3月に、初代京ぽんことAH-K3001Vなど、古い機種の多くが新規受付を終了していたのです。京ぽんが使えない……目の前が真っ暗になりました。


さよならPHS 過放電のために充電ができなかったバッテリーに長時間の充電や電源を入れる動作を繰り返し、復活した京ぽんだったが……

「京ぽん改」なら新規契約できた!

 しかし「京ぽん」と呼ばれたモデルの中で「WX300K(2005年発売)」の新規受付がまだできることが判明。こちらも「京ぽん改」と呼ばれ、初代京ぽんのデザインやメニューレイアウトをほぼ踏襲したまま、若干のパワーアップがされた名機として知られていました。

 ならば京ぽん改を手に入れよう! そうしてまたネットオークションを駆使し、今度はWX300Kをゲット。その足でワイモバイルショップへ向かい、ようやくPHSを新規契約できました。


さよならPHS お店に中古機種をそのまま持ち込む

さよならPHS ようやく契約ができた、PHS(WX300K)

ディスプレイはわずか2.2型

 10年以上ぶりに手にした京ぽん。2つ折りの電話機を、開いたり閉じたりする際に、ヒンジが「カチッ」と鳴る気持ちよさがたまりません。ボタンを押す際の「ポチポチ」鳴る音も、久しぶりに聞いたように思えます。

 USB端子は、いま主流のmicroUSBやType-C などではなく、Mini-B。あの「引っ張って伸ばすアンテナ」も付いています。ディスプレイは今見るとかなり小さい、2.2型。これぞまさしく純度100%のガラケーです。


さよならPHS アンテナが伸ばせて、後ろのサブディスプレイが光る

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」